はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

appleのairpodsをPS4にbluetooth接続してワイヤレスで楽しむ方法

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20180706052301j:plain

 apple純正のワイヤレスイヤホンであるairpodsはワイヤレスイヤホンであるだけでなくiphoneと連携していろいろな機能が使える便利なアイテムです。接続はbluetoothによって行われ、iphoneだけでなくmacやmac以外のパソコンでも使うことができます。

 

そんなairpodsですがbluetooth対応のイヤホンであるならば、bluetooth接続の問題さえ解決すればPS4でも使うことができるはず。なので今回はPS4でairpodsを使う方法をまとめていきます。

そもそもなぜPS4でbluetoothイヤホンが追加デバイス無しで使えないのか

まず最初に突っ込みを入れたくなるのがここですよね。4万近くもしたゲーム機にbluetooth機能すら付いてないってどういうことやねん...と。その突っ込みはごもっともなんですが、実際にはそれは間違いなんですよね。だってPS4にはbluetooth機能は付いているんですから。

 

ここで重要になってくるのはPS4本体がオーディオ機器ではないことです。オーディオ機器ではないということは音声を出すことができないということです。ではPS4でのチャット音声やゲームBGMがどこから出ているかというと、接続しているモニターやコントローラから出ているんです。

 

そしてオーディオ機器であるモニターやPS4のコントローラ自体にはbluetooth機能は付いていません。だからbluetooth機能付きイヤホンやヘッドホンを準備しただけではオーディオ機器に接続ができずに音声も聞くことができないんですね。

PS4でワイヤレスでBGMを楽しむ方法

hobby-diary.hatenablog.com

bluetooth接続のイヤホンやヘッドホンなら何かしらのbluetooth送信機を付けることで、sony純正のワイヤレスヘッドセットなら付属のUSBデバイスを取り付けるだけでコードレスでBGMを楽しむことができます。今回はリンク先の記事と同様にUSBヘッドセット、及びbluetooth送信機を利用してPS4とairpodsを接続していきます。

airpodsをPS4で使うために考えられる2つの方法

くどいですがPS4の音声をbluetoothを使ってワイヤレスで聞く方法は

  1. コントローラにbluetooth送信機を付けて接続する
  2. PS4本体にUSBbluetoothデバイスを装着して接続する

の2択です。もしかしたら他にも方法があるのかもしれませんが、僕の持ってる道具だとこの2つしか選択肢はありません。

PS4のコントラ―ラにbluetooth送信機を付けて接続する

まずはこのイヤホンジャックに挿すタイプのbluetooth送信機を使ってairpodsに音声を送信します。使い方は簡単でコントローラのイヤホンジャックに挿しこんでからairpodsのペアリングボタンとbluetooth送信機側のペアリングボタンを同時押しするだけです。

 

だけ...ですが何回やってもペアリングがされません。PS4だけでなく他のパソコンで試しても全く反応してくれなかったのでairpodsと相性が悪いのでしょう。それかもしかしたら通信方式が対応していないとかの可能性もあります。どちらかはわかりませんが、とにかくこの組み合わせは使えないということが分かりました。

PS4本体にBT-W2を装着して接続する

 では2つ目の方法です。今度はcreativeのBT-W2を使用します。こちらも使用方法は簡単で、PS4のUSBスロットにBT-W2を挿しこんでからairpodsのペアリングボタンとBT-W2のペアリングボタンを同時押しするだけです。

 

するだけ...だけだったのですがこちらもどうもペアリングが上手くいきません。そこで対策としてあらかじめ別のパソコンでairpodsとBT-W2のペアリングを済ませてからPS4で使用します。

 

パソコンであらかじめペアリングを済ませていればPS4での接続もスムーズに終わりました。もし他のbluetooth機器でもうまくいかないことがあれば別の機器でペアリングを済ませてから移してくるという方法は有効そうですね。

PS4でairpodsを使ったときの音声の質や遅延

PS4でairpodsを使った際の音声の遅延ですが、特にありませんでした。だいたい4時間くらいモンハンワールドを通しでプレイしたのですが、それでも見られなかったのであったとしても遅延はかなり少ないんだと思います。

 

音質についてですが普段使っているairpodsの音と同じです。airpodsの音質は普通に良いとは思いますが、2万円近いイヤホンやヘッドホンにはまず及ばないでしょう。つまりわざわざairpodsをPS4に接続しなくてももっと安いbluetoothイヤホンで十分だということです。

 

ちなみになぜかairpodsをPS4に接続するとデフォルトの音がかなり大きいです。大きいっていうか普通にうるさいレベルです。この原因はわかりませんが、僕の場合だとPS4側の設定で音量を最低まで下げて使っていました。

airpodsでPS4のボイスチャットを使うことはできるのか?

airpods自体はマイク機能も付いているので、ボイスチャットには対応できるかもしれません。が、しかし今回使ったBT-W2を介する方法では多分無理っぽいです。

 

というのはBT-W2はFastSteramという方式のプロトコルを採用していて、これに対応していない場合はマイクを使うことはできません。そしてFastStreamに対応しているヘッドセットがそんなに多くないことや、PS4でマイク入力を試してみた結果から言うと多分BT-W2とairpodsの組み合わせではマイク機能を使うことはできないのでしょう。

どうしてもPS4でairpodsを使ってその上でボイスチャットもやりたいのなら

どうしてもPS4でairpodsを使って、かつボイスチャットをやりたいというならボイスチャット機能はPS4ではなく別で用意するしかありませんね。昔ながらの方法だとskypeを使って話すとか、比較的最近のだとDiscordというソフトもなかなか使えるようです。

creativeのBT-W2を使えばPS4でairpodsを使えるが、そこまでする価値は多分ない

辛口ですが正直な感想です。airpodsの価値はapple製品との連携にあると思うのですが、それを何の連携もできない製品に使ってしまっては魅力半減です。もちろんairpodsをイヤホンとして流用したいだけだという気持ちもわかります。

 

ですがairpodsをPS4で使うには追加のアイテムが必要です。僕が紹介したものだとcreativeのBT-W2ですが、これも4500円くらいしますし、そこまで払うくらいならもう少しお金を払ってヤフオクでsony純正のワイヤレスヘッドセットでも買った方がよっぽどいいと思います。

 

しかもワイヤレスヘッドセットならボイスチャットもできるようになりますからね。ということで結論はairpodsをPS4で使うことはできるけれど、あまりメリットは無いしおすすめはできないということです。

 

誤解しないでもらいたいのはairpodsは良い製品です。iphoneと連携すればとても便利な製品なのは間違いないんです。今回の話はただ相性が悪かったというだけの話ですから。