はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

カン付き針を使って簡単&安く根魚釣り用のぶらくり仕掛けを自作する

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20180706021020j:plain

 根魚を釣るためのポピュラーな釣り具としてぶらくり仕掛けがあります。仕掛けとしてはとっても簡単な仕組みで、釣具屋でも何種類か売っています。

 

ただ、簡単な仕掛けである割には値段はそこそこ高いです。おもりに針が付いただけの道具が2つで300円弱。一個150円くらいですね。やっぱ高い気がします。

 

しかもぶらくり仕掛けはテトラポッドの隙間や岩場の隙間を狙うモノなので根がかりによるロストが多いのも特徴です。ますます自作してコストを抑えた方が良い気がしてきませんか?少なくとも僕はそう思ったので自作しました。

ぶらくり仕掛けのための道具

リンクを貼った商品はごく普通のぶらくりです。自作する際もこのあたりを参考にすれば全然問題ありません。というわけで必要な道具は

  • おもり
  • サルカン
  • ガン玉
  • お好みでビーズ

です。針に糸を結んでおもりを通してまだ結んでない側の糸をサルカンに結ぶ。これだけでぶらくり仕掛けは完成です。魚にアピールするためのビーズを針とおもりの間に挟むのもアリです。

僕は針を結ぶのが苦手

実は僕、餌釣りをやらずにルアー釣りばっかりだったせいかリングに糸を結ぶことには慣れているのですが、普通の針に糸を結ぶのが苦手なんです。

 

簡単な仕掛けに手間をかけるのもどうかと思うので、僕でも簡単に結べる針を買ってきました。それがリングのついた針、カン付き針ですね。

ぶらくり仕掛けを実際に作っていく

f:id:haru_hobby:20180706021052j:plain

これが今回使用した道具です。特殊な道具などは全く使っていませんし、釣具屋に行けばどこでも置いてあるようなものばかりですね。

f:id:haru_hobby:20180706021335j:plain

まずはカン付き針に糸を通してユニノットで結びます。画像で残したものはちょっと結びに失敗しているように見えますが、締め込みが甘かっただけです。この後きっちり締めこむことでキレイなユニノットになりました。

f:id:haru_hobby:20180706021538j:plain

結ばなかった方の糸を適当な長さで切ります。あまり長いとぶらくり仕掛けが長くなってしまうので、自分がユニノットを結べる最低限の長さにしておくのが良いでしょう。

f:id:haru_hobby:20180706021643j:plain

次におもりを動かないように固定するために止めたい位置にガン玉を噛ませます。その後にメインのおもりを糸から通して、反対側もガン玉で止めます。

f:id:haru_hobby:20180706021826j:plain

おもりの両サイドをガン玉で止めたら針に繋がっていない側の針をサルカンにユニノットでつなぐことでぶらくり仕掛け完成です。ぶらくりにしてはサルカン側の糸が長いですが、ここは要練習ですね。

 

作ってみて思ったのですが、おもりの両サイドを止めているガン玉はけっこう簡単に動いてしまいます。なのでそれが嫌なら市販の浮き止めなどでもっとしっかり固定してしまうのもいいかと思います。

ぶらくり仕掛けを自作した場合の費用

針が1パック300円弱、サルカンが1パック200円ちょっとでした。で、おもりは1つ40円くらいですね。ガン玉は家に余っていたものを流用したのでわかりませんが、それを考えると自作した場合はぶらくり仕掛け1つで90円くらいでしょうか。

 

市販の場合と比べて差額は50円くらいですかね。余った道具を流用して作る場合でもないと限り思った以上にコストがかかります。これは0から道具を買うなら自作する意味は無さげですね。...っていうか手間賃を考えるとぶらくりは買った方がマシかも。

 

市販のぶらくり仕掛けに比べたメリットは糸の長さや針の大きさを自分で設定できるカスタム性の高さですかね。僕はそのあたりに価値を感じないので今度から市販のを買うことにします。ぶらくりを使った釣りって細かいカスタムで釣果が変わるような釣りでもないですからね。