はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

PS4のロード時間短縮のためにHDDからSSDに換装したので方法と結果を記事にしました

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20180606202412j:plain

 就活が無事終わったので、最近久しぶりにゲームをしてます。モンハンワールドはアップデートで新モンスターが出ていたりとまだまだ楽しめますね。

 

ところで、しばらくモンハンワールドから離れていて思ったのですが、モンハンワールドのロード時間ってかなり長くないですか?前は気にならなかったんですが、今思うとかなり長いような...

 

というわけでPS4の内臓HDDをSSDに換装しました。結局パソコンだってゲーム機だってHDDをSSDに変更すればなんだって早くなるんですよ...多分。今回は換装の方法と換装してどれくらいロード時間が変わったのかを記事にしていきます。

PS4のHDDをSSDに変更する手順

  1. セーブデータを外部媒体に取り出しておく
  2. PS4のHDDを取り外してSSDに交換する
  3. PS4の再インストール用アップデートファイルをUSBにダウンロードする
  4. アップデートファイルを使ってPS4を初期化、再起動する

セーブデータを外部媒体に取り出しておく

PS4のHDDを取り外して別のSSDを使うということは、今HDDに入っているデータは使えなくなるということです。なので再ダウンロードできるゲームデータやアプリデータは別として、セーブデータは何もしないと新しいSSDには持ち込めません。

 

なのでオンラインストレージやUSBにセーブデータを移して、換装後のPS4に移す必要があります。これはセーブデータの入ったHDDがPS4に入っている状態でないとできません。なのでまずやるべきことはセーブデータの確保です。

セーブデータの確保方法1.PSplusのオンラインストレージを使う

有料なのですが、PSplusを契約しておくと、自動でセーブデータのバックアップを取っておいてくれます。これを使えば換装後のPS4でも同じアカウントでログインさえすれば、換装前のセーブデータをダウンロードすることができます。

セーブデータの確保方法2.USBにセーブデータを移す

PS4に入っていたセーブデータをUSBにダウンロードして、換装後のPS4に移すことでデータを持ち越します。

PS4のHDDを取り出してSSDに交換する

今回使ったSSDはサンディスクのULTRA 3DというSSDです。500GBで15000円しないくらいのごく平凡なSSDですね。別にSATA接続で、かつ2.5インチの厚さであればこのSSDでなくても大丈夫です。

f:id:haru_hobby:20180606194743j:plain

まずはPS4を表向けます。そしてこのPSマークがついた黒いカバーを取り外します。この部分は写真で言う上側にずらせば外すことができます。もし固いなら左右に力を加えながらずらしてください。

f:id:haru_hobby:20180606194953j:plain

外れたらこんな感じですね。左上のメッシュ状の部分にHDDが格納されています。そしてこの部分は左上端のネジで止まっています。

f:id:haru_hobby:20180606195112j:plain

HDDを止めているネジを外しましょう。細いですが、プラスドライバーで外すことができます。外したらカバーを左にずらすことでHDDケースを取り出すことができます。

f:id:haru_hobby:20180606195225j:plain

f:id:haru_hobby:20180606195240j:plain

f:id:haru_hobby:20180606195407j:plain

HDDケースはこんな感じですね。ネジは側面に左右で2つずつ付いています。こちらもプラスドライバーですが、かなり細いので注意が必要です。

f:id:haru_hobby:20180606195446j:plain

取り付けたらこんな感じです。あとは取り外したのと逆の順序でPS4に接続しなおしてください。

PS4の再インストール用アップデートファイルをUSBにダウンロードする

 実はPS4のHDDをSSDに入れ替えてPS4を起動してもそれだけでは何もできません。

f:id:haru_hobby:20180606200811j:plain

こんな画面が出てきます。で、コントローラのPSボタンを押すと次のような画面が出てきます。

f:id:haru_hobby:20180606200848j:plain

アップデートファイルの入ったUSBを挿しこめということですね。入れ替えられたSSDにはPS4に関するデータが何も入れられていないのだから当然です。で、このアップデートファイルはsonyが出している公式ページからダウンロードすることができます。

PS4 | システムソフトウェア アップデート | プレイステーション

このページのパソコン経由でのアップデートの所からファイルをダウンロードしてください。それと通常アップデート用と再インストール用がありますが、換装した場合は再インストール用を選んでください。

 

ダウンロードしたらUSBにPS4というフォルダを作ってさらにその中にUPDATEというフォルダを作ります。さらにその中にダウンロードしたファイルをPS4UPDATE.PUPという名前で保存します。名前を間違えるとPS4に接続しても読み込んでくれないので注意が必要です。

アップデートファイルを使ってPS4を初期化、再起動する

f:id:haru_hobby:20180606201651j:plain

ここまでの手順を完了したUSBをPS4に挿しこんで起動するとさっきとは違って、PS4を初期化してもいいか?という確認画面に変わります。問題ないのではいを選びましょう。

f:id:haru_hobby:20180606201654j:plain

そうするとアップデートファイルのインストールとPS4の初期化が行われます。これが終わるとPS4を換装前と同じように起動することができるようになります。長かったですが、ここまでがPS4の内臓HDDをSSDに換装するまでの手順です。実際やってみると簡単ですし、すぐに終わるんですけどね。

PS4のSSD換装前後でのロード時間比較

ではではお待ちかねの換装前後でのロード時間の変化を見ていきましょう。検証に使ったゲームはモンスターハンターワールド、ニーアオートマタ、ブラッドボーンです。もっとたくさんあればよかったんですが、僕はあまりゲームを持っていないので...笑。

 

計測方法は雑ですが、スマホのストップウォッチ機能で測りました。それと1回しか計測していません。何回かやって平均を出すとかはめんどくさいので。あくまで目安ということで小数点の部分は気にしないくらいのスタンスでいてもらえるとありがたいです。

HDDでPS4をプレイしたときのゲームロード時間

モンスターハンターワールド 

  • タイトル画面まで→61.94
  • セーブ選択(個人で集会所を作る選択から)からプレイ可能画面まで(拠点まで)→62.43
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエスト:古を食らうもの)→42.69
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→15.98
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→59.08
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエスト:クルルヤックは収集家?)→37.45
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→22.53
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→59.22

ニーアオートマタ

  • タイトル画面まで(ムービーは飛ばした)→38.72
  • セーブデータ選択(ゲームスタート)からプレイ可能まで→16.15
  • 同じデータを再ロード→15.45
  • チャプターセレクト(遊園地ボス)からゲームスタートまで→19.60
  • チャプターセレクト(ラスボス、A2と9Sの選択画面)からゲームスタートまで→15.23

ブラッドボーン

  • タイトル画面まで→34.18
  • セーブデータ選択(コンティニュー)からゲーム画面スタートまで→21.03
  • セーブデータ選択(ロード)→15.96

SSDでPS4をプレイしたときのロード時間

モンスターハンターワールド

  • タイトル画面まで→46.23
  • セーブ選択(個人で集会所を作る選択から)からプレイ可能画面まで(拠点まで)→30.56
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエスト:古を食らうもの)→23.20
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→10.38
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→34.23
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエスト:クルルヤックは収集家?)→21.45
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→15.01
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→30.63

ニーアオートマタ

  • タイトル画面まで(ムービーは飛ばした)→33.40
  • チャプターセレクト(遊園地ボス)からゲームスタートまで→17.86
  • チャプターセレクト(ラスボス、A2と9Sの選択画面)からゲームスタートまで→13.81

申し訳ないんですが、SSDを換装した後にゲームスタートをすると別画面からスタートになってました。比較できないのでこの部分はノーカンで。ただ、他のロード時間を見る感じだと、換装後もそんなに変わらないような気がします。

ブラッドボーン

  • タイトル画面まで→27.89
  • セーブデータ選択(コンティニュー)からゲーム画面スタートまで→10.76
  • セーブデータ選択(ロード)→10.73

まとめ

結果を見る限りでは、効果の出ているゲームと効果の出ていないゲームの両方がありますね。一番効果が出ているモンハンワールドだと、25%程度の短縮、場面によっては50%近くの短縮になっています。逆にニーアオートマタだとほとんどロードタイムは変わっていませんね。

 

これはモンハンワールドみたいに重たいゲームだとロード時間短縮の効果が出ていて、逆にニーアオートマタみたいにそもそも軽いゲームだと短縮したところで効果は知れているということなんでしょう。

 

SSDを購入する費用+換装する手間がかかる作業なので、もし自分のやっているゲームがニーアオートマタのように軽いゲームなら換装する必要は無いでしょう。ですがモンハンワールドのように重たいゲームをやっているのであれば、換装する価値はあるんじゃないかと思います。