はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

予備校の寮生活ってどうなの?浪人して河合塾の寮で一年間を過ごしことのある僕が当時を振り返る

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20180413001114j:plain

 冒頭で書く言葉にふさわしいかはわかりませんが、僕は大学受験に失敗して浪人したことがあります。

hobby-diary.hatenablog.com

この記事にも書いてある通りですね。しかも結果は浪人しても第一志望の大学には行けていません。正確に言うとセンター試験の結果にビビって第一志望を受けなかったというのが正しいですが。

 

では僕がどういう風に浪人していたかという話なんですが、宅浪ではなく予備校に通っていました。そして予備校にはどこから通っていたかというと予備校の寮です。いろいろ事情がありまして実家からは通っていませんでした。

 

受験が終わってこの春から浪人という人もいるでしょうし、もしかしたら予備校の寮に恐れを抱いてる人もいるかもしれません。いや、ブログを更新するのが遅れてしまったので今は寮生活が始まったばかりという時期なんでしょう。それでもまだまだわからないことは多いはず。

 

今回の記事がそういう人の参考にでもなればなぁと思います。大学時代も予備校の寮に通っていたって人はあんまりいなかったので参考になる情報が出せるかもしれませんからね。

僕の通っていた予備校は?

タイトルにもある通り河合塾です。どこの河合塾かまでは言いませんが、河合塾の寮がある地域ってわりと限られてるんじゃないですかね?なのでそのうちのどれかとだけ。

河合塾での寮の生活は?

生活も何も勉強以外することなんて特にありませんでしたね。予備校まで徒歩で行ける範囲にあって、朝と夜のご飯を食堂で作ってくれるって言うのが最大の特徴でしょうか。

 

部屋は狭いです。イメージは6畳の中に机とユニットバスとベッドをぶち込んだ感じですね。モノを増やすこともありませんでしたし、そもそもバイトなんてできる環境ではないのでモノが増えたりすることは無いから全然問題はありませんでした。

 

あ、でも受験が終了した後に聞いた話では、他の人の部屋は模様替えをしたりもしていたそうです。ベッドを縦に立てかけて部屋のスペースを増やしてちゃぶ台を置いていたそうです。僕には模様替えをするという発想は無かったので衝撃でしたね。

 共用スペースには何がある?

共用スペースは洗濯機ルーム、勉強室がありましたね。ただ洗濯機はあるものの乾燥機はありませんでした。なので僕の住んでいた寮の場合、屋上で干すか部屋干しかの2択でした。

 

勉強スペースも実は僕はあまり使っていなかったので何とも言えませんが、見た感じは普通の勉強部屋でした。長い机と各自スペースに照明がついている感じです。自分の通っている予備校の勉強スペースと大体同じと思ってくれれば大丈夫でしょう。

予備校の寮の食事はおいしい?

そこそこ...ですかね。メニューは日替わりで、学校の給食みたいなものですので。好きなものも出れば嫌いなものも出ます。栄養バランスはめちゃくちゃいいと思いますよ。

 

僕はお昼ご飯にカップラーメンか菓子パンしか食べていませんでしたが、それでも体調を崩すことなく1年間生活できていました。恐らくこの栄養バランスの整った食事のおかげなんじゃないかと思います。

外泊はできる?

僕はしたことが無いのですが、一応届けを出せば外泊は可能でした。ただ帰省などの理由以外の場合どれくらい連続で外泊できるのかはちょっとわかりません。

ゲームやテレビの持ち込みは?

ダメと言われていましたが、持ち込んでいる人はいましたね。テレビをがっつり持ち込むのはちょっと難しいですが、携帯型のゲーム機なら簡単に持ち込めます。部屋のチェックとかがあったことは無いので全然可能でしょう。当時の僕はまじめだったのでゲーム機の持ち込みはしなかったですが、今の僕なら絶対持ち込んでるでしょうね。

 

そういえば僕が大学生になってからゲームもやらない、テレビも全く見ない生活になったのは寮生活があったからかもしれません。おかげでかなりアウトドアになったのである意味健康になれたかも。

ちなみに僕は珍しい寮ボッチ

さて、ここで言わなければいけないことがあります。なんと僕は世にも珍しい寮ボッチでした。...別に好きでボッチになったんじゃありません。浪人のショックで人とあまり話さずにいると自然とボッチになっただけです。

 

寮で横に人が住んでいるにもかかわらず、食堂で人がたくさんいるにもかかわらず、登下校も似たような時間にも関わらず...僕は寮でボッチでしたね。別に大学には受かったんで全然いいんですけど。

予備校の寮でボッチは不便?

ぶっちゃけ割と不便でしたね。だって気まずいんですもん。向こうはグループでつるんでいますが、こっちは一人。しかも当時は高校生とほとんどメンタル同じでしたから。おかげさまで(?)自習室にはいかずに自分の部屋でこもってましたし、洗濯物も部屋干しでした。

 

なのでこの際だから言います。寮に入ったなら友達はちゃんと作りましょう。別に寮でグループと鉢合わせると気まずいとかじゃありません。友達がいれば勉強を教えあえたり、お勧めの参考書を教えてもらえたり、休日に一緒に遊んだりできるからです。

 

浪人生に遊びは不要と思うかもしれませんが、経験談から言うと絶対に必要です。遊びすぎて勉強しないのはダメですが、息抜きをしないと続く勉強も続かなくなりますからね。

 

あと友達がいるメリットとして浪人時期特有のこのままで本当に大学に受かるんだろうか?っていう不安がかなり和らぎます。本当に。僕は寮には友達はいませんでしたが、予備校には仲良くしてくれる人たちがいたのでそのあたり本当に助かりました。今でも感謝しています。

 

今なら思う予備校での勉強生活こうしておけばよかったなってこと

f:id:haru_hobby:20180413001130j:plain

友達を作る

特に言うことはありません。ちゃんと友達作った方が良いですよ...。

休日はちゃんと遊ぶ

平日は勉強、休日はきっちり遊ぶ。これよく言われてることですが、実行するとなると結構難しいんですよね...。

 

でもこれができないとダラダラ勉強する羽目になってしまうので、できるようになっておいた方が良いです。できないとまずい理由は二つあって、一つは単純に効率が悪くなること。そしてもう一つは成績が伸び悩んだ時に苦しむことです。

 

休日も勉強するからって思っちゃうと結局勉強をスタートせずにだらだらインターネットで時間をつぶしてしまうんですよね。特に今だとyoutubeとかでめちゃくちゃ時間使っちゃいそうです。しかも勉強を始めても集中できずちらちらネットを見ちゃったりとか。もちろん休日も勉強に当てるので1週間の勉強時間だけ見ればそこそこ勉強してるように見えるんです。

 

しかしこれで効率よく勉強できているのか?と言われると答えはNOです。むしろ土日もダラダラする癖のまま勉強してしまうので学習の効率は最低です。

 

学習効率最低のまま学習時間だけを積み上げて勘違いしてしまうとどうなるかと言えば答えは簡単で、自分は勉強しているという意識があるのに成績は伸び悩みます。受験失敗がフラッシュバックして立ち直れなくなるとかよくある話ですが、こういう自分の重ねたものと実際の成績の差とかも影響しているんでしょうね。

 

僕が言いたいのは勉強してなくても休日は遊べって言ってるんじゃなくて、休日を遊べるような効率で平日に勉強を済ませてしまえっていうことなので勘違いはしてはいけません。

 

そういえば僕の予備校の同期で前期はアルバイトしながら予備校に通って最終的に僕よりも偏差値の高い大学に合格した子がいるのですが、彼の勉強の効率は相当良かったんだろうなぁと思います。

モグリとかやらない・参考書選びにこだわりすぎない

予備校では最初のテストの結果ごとにクラスの振り分けが行われます。そしてクラスごとにどの先生の授業を受けることになるかが決定されます。大学の授業みたいに自分の裁量でどの授業を受けるかっていうのは決めることができません。

 

そして評判の良い先生ってだいたい頭の良いクラスの授業を受け持つようにできています。予備校もビジネスですからね。頭の良い生徒に評判の良い先生の授業を受けさせて高学歴の大学に受かってもらわなければなりません。だから最初のテストでの振り分けが大事だとよく言われています。

 

でも別にどの授業にどの生徒が出席しているって管理しているわけではないんです。バレれば厳重注意を食らいますが、実際にはほとんどの授業は出席の管理をしているわけではないので。なので評判の良い先生の授業には本来別の先生の授業を受けるはずの学生が潜り込んでいることがあります。

 

っていうのがモグリについての説明です。で、このモグリについてなんですが正直やめておいた方が良いと思います。バレたら注意を受けるからとかではなくて、単純にやる意味が無いからという意味で。

 

受験ってどんなに良い授業を受けてもどんなにわかりやすい参考書を使っても結局自分の態度次第なんです。なんなら共通で配られる予備校のテキストをきっちり勉強して担当してくれてる講師の授業に真面目についていけばだいたいの大学には入ることができます。

 

問題なのは授業の講師選びや参考書選びに時間を使いすぎて勉強をしないことです。どの先生の授業が~とかあの参考書が~っていう前に今目の前にある授業とテキストに手を付けましょう。ちなみに僕が反省しているのは参考書にこだわりすぎたことです。モグリは別にしていないので。

終わりに

僕は残念ながら第一志望の大学には合格しませんでした。しかし行った先の大学で満足する大学生活を送ることができましたし、後悔はしていません。予備校に通っているときにそう思えというのは難しいかもしれませんが、浪人に失敗したら人生終わりだとか思わずにリラックスして頑張ってください。