はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

普通は生では食べないタラが生食用で売っていたので刺身を食べてみた

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20180408011756j:plain

 どうも。最近ブログ更新できてないはるです。今回のネタはなんと一ケ月くらい前のネタ...。ネタと言えば寿司、寿司と言えば魚介ですね。石川県は海の幸が豊富で何を食べてもだいたい美味しいのがありがたいです。

 

お店で食べると高いですが、スーパーや市場で買ってきて自分で調理すればコスパ良く美味しいものが食べられるのは本当に嬉しいです。

 

今回はそんな石川県の海の幸ネタなんですが、皆さんタラって知ってますか?鍋の具材とかムニエルで良く食べられてるあいつです。おいしい魚ですよね?

 

普通は生では食べないし、おそらく生用で売っていることを見かけることも無い魚です。タラは寄生虫が多くて、有名なアニサキスも多い魚です。それに鮮度落ちが早くて水揚げされない地域に送られて店に並ぶころには生で食べられる質ではなくなってしまいます。

 

そんなタラが先日スーパーで生食用で売られているのを見かけたのでつい購入してしまいました。今回はなかなか食べられないタラの刺身の感想記事となります。

そもそも売られていたタラは何タラ?

さっきからタラとだけ書いていますが、正確にはマダラですね。卵が明太子の原料になるスケトウダラとはまた別の魚です。

 

ちなみにマダラは卵よりも白子の方に価値がある魚ですね。たまにマダラの生食用の白子を売っているのを見かけますが、もしかしてマダラ本体よりも高いんじゃないのか?と思うような値段で売っていることもあります。

 

もしそうならきっとめちゃくちゃ美味しいんでしょうね。社会人になってお金を稼げるようになったらぜひ贅沢して食べてみたいと思います。

 

基本的には寒い地域の魚というイメージで北海道や東北で水揚げが多いイメージですかね。あと海外で言うならノルウェーとか。

 

あとはさっきも書いたように刺身にはあまりされない魚です。魚ですから多い少ないは別としてアニサキスなどの寄生虫がいることは当然です。なのでそこは置いておくとして、ちょっと鮮度落ちが速いということについて話をしましょう。

 

タラ、っていうか魚のうまみ成分の一つであるトリメチルアミンオキシドという成分があるのですが、この成分は魚が死んでタンパク質の分解が始まるとトリメチルアミンという成分に変化します。

 

変化していく≒腐敗していくという認識でOKなのですが、これはタラ自体のタンパク質分解酵素によるもの。で、さらに言えばタラ自体強いタンパク質分解酵素を持っているのでトリメチルアインオキシドの変化が速いです。

 

つまり腐敗が速く、鮮度の落ちが速いということになります。このページの解説が分かりやすかったですね。美味しいけど生臭い!? タラの独特な匂いの原因 | ゼクシィキッチン

 

まぁ、興味がない人はマダラを生で食べるのはめちゃくちゃ新鮮でないと厳しいっていうくらいの認識でOKです。

生食用のタラを刺身にしていく 

f:id:haru_hobby:20180408011301j:plain

というわけで刺身に切っていきましょう。画像は買ってきたままのパック売りの状態。うす塩がしてあるそうで完全な生状態というわけではないようです。うす塩によって生食を可能にしているかどうかは不明ですが、石川の別の場所で売っているものを見たときにはうす塩もしていないとのことだったのであまり関係は無いでしょうね。

 

ちなみに背景は木のまな板です。魚にはやはりこちらが似合いますね。高級なものでは無くダイソーで売っていたものです。高いモノでもないので気になった方はぜひ買ってみてください。

f:id:haru_hobby:20180408011756j:plain

パックから出した状態。ここから血合い骨と腹骨を取って刺身にしていきます。

f:id:haru_hobby:20180408011951j:plain

血合い骨と腹骨を取った状態。背中側と腹側に分かれます。さて、ここから刺身にしていくのですがちょっと言い訳を。何かというと刺身がめちゃくちゃ汚いのです...。

 

包丁を全く研いでいなかったので切れ味が悪かったことやそもそもなんだかタラの身が刺身にしづらかったということも理由です。良い言い方をすれば弾力がある身をしているのですが、包丁の切れ味と相まって最高に切りにくかったです。

 

ハイ、言い訳終わり。次やることがあればもっとうまくできるように頑張ります。では問題のタラの刺身の写真をどうぞ...。

f:id:haru_hobby:20180408012428j:plain

改めて見ても思いますが、もはや刺身っていうか薄い切り身ですね。とても汚い。しかも刺身の形が揃ってなかったので皿にキレイに並べることすらできないという。適当に並べてる感じからも諦めムードが見て取れると思います。

 

味に関してですが普通に美味しいとは思います。ただし、特別美味しいというわけでもありません。旨みも甘みも普通。良くも悪くも普通です。なかなか食べられない魚を食べたという体験が欲しい人はぜひ食べてみるといいと思いますが、無難に美味しい刺身を食べたい人はサーモンとかマグロを買った方が良いですね。

f:id:haru_hobby:20180408012837j:plain

生だけでも良かったんですが、せっかくバーナーがあるので炙ってみることにしました。

f:id:haru_hobby:20180408012919j:plain

片面だけ焦げ目をつける程度に炙って完成です。食べた感想はやはり普通。別にバーナーで炙って美味しくなるタイプの魚ではなかったですね。皮の隙間に脂があるタイプの魚ではないですし、むしろ生の方が美味しかったような。

終わりに

実は石川県ではタラが丸々一匹で売られていることも少なくありません。なので生食用のタラが売られていても全然驚くことではないんと思います。

 

個人的には刺身でタラよりもおいしい魚なんていくらでもいますし、そもそもタラは鍋で食べるのが好きなのですが、魚好きで県外出身の僕としてはやはり興味が出てしまう魚ではあるんですよね。

 

皆さんも石川県、もしくはタラが水揚げされる地域で生食用のタラが売っていたらぜひ買ってみてください。もちろん質の悪いものを購入すると食あたりやアニサキスの可能性はありますので自己責任になる部分はありますが、人との雑談に使える面白い話にもなりますよ。