はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

野鳥写真展で展示した80枚の鳥の画像を公開していく

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20171104175325j:plain

 以前野鳥写真のみの写真展をやったので、その画像を公開していきたいと思います。

 

一部はツイッターとかインスタに載せたりしているのですが、半分以上はネットに載せてはいないはずなので。

(決してブログのネタ切れではありません...多分)

野鳥写真展で展示した鳥の画像-横写真-

リュウキュウヨシゴイ

f:id:haru_hobby:20171104172354j:plain

沖縄県石垣島で撮影。遠くを飛ぶところはよく見たんですが、なかなか近くを飛んではくれませんでしたね。撮影旅行の最後でようやく近くを飛んでくれました。

 

...実は撮影した!っていうよりもカメラを構えてシャッター切ったらたまたまピントが合ってた!って感じ。150-600でとっさの飛翔写真はちょっと厳しいかなぁ。

スズメ

f:id:haru_hobby:20171104172357j:plain

鹿児島県にて撮影。ひまわり絡みの夏ならではの写真です。めちゃくちゃ暑いので汗だくになりながらの撮影です。

ゴジュウカラ

f:id:haru_hobby:20171104172400j:plain

宮崎県にて撮影。通年見られる気がしますが、葉っぱが少なくなるおかげなのか冬の方が撮影しやすいですね。独特のポーズをしてくれるので、適当にとってもいい感じの絵になる素敵な被写体です。

キセキレイ

f:id:haru_hobby:20171104172404j:plain

鹿児島県にて撮影。渡りの時期はまとまって見られるキセキレイです。渡り以外の時期だと水辺に多いイメージ。この写真はマニュアルフォーカスのカメラで撮っているので、ピント的にはちょっと怪しいですね。

クロハラアジサシ

f:id:haru_hobby:20171104172410j:plain

鹿児島県にて撮影。いわゆる沼アジサシですね。この写真もキセキレイと同じでマニュアルフォーカスでの撮影です。こっちはピントばっちりですね。

ユリカモメ

f:id:haru_hobby:20171104172414j:plain

熊本県にて撮影。...いや、正確には長崎県なのか熊本県なのかちょっと際どいところなんですけどね。

ツクシガモ

f:id:haru_hobby:20171104172417j:plain

宮崎県にて撮影。日本に来るカモの中でもかなり大きな部類に入るツクシガモです。実物を見るとわかりますが、食べたらおいしそう...と思える見た目をしています。狩猟対象ではないので捕まえて食べてはいけませんよ。

コシャクシギ

f:id:haru_hobby:20171104172420j:plain

鹿児島県にて撮影。渡りの時期にたまーに見られる少し珍しい鳥です。年によって目撃例が多い時と少ない時に偏りがあるような気がしますね。他の〇シャクシギに比べて目が可愛いです。

センダイムシクイ

f:id:haru_hobby:20171104172424j:plain

鹿児島県にて撮影。ムシクイの仲間は識別も難しいし、写真を撮るのも難しい。こいつらの仲間を完璧に識別できれば間違いなくバードウォッチング上級者でしょうね!

キビタキ

f:id:haru_hobby:20171104172427j:plain

鹿児島県にて撮影。表紙に使われがちなこの鳥です。理由はキレイな見た目と人気でしょうね。繁殖地に行けば見るのは簡単ですが、撮影したいなら渡りの時期の方が簡単かも。

ヒヨドリ

f:id:haru_hobby:20171104172430j:plain

鹿児島県にて撮影。街中でも見かけることの多いこの鳥ですが、こうしてみるとけっこうキレイな鳥じゃないですか?僕はこの写真を撮ってからヒヨドリに対する見方が変わりました。

コサメビタキ

f:id:haru_hobby:20171104172434j:plain

鹿児島県にて撮影。キビタキと同じヒタキの仲間です。日本でも繁殖するので、繁殖地に行けば見ることはできますが、僕的には秋の渡りの時期の鳥のイメージが強いですね。

ツツドリ

f:id:haru_hobby:20171104172438j:plain

鹿児島県にて撮影。カッコウの仲間のツツドリです。カッコウ同様に他の鳥に托卵を行います。カッコウとは托卵する相手が違うんですけどね。

エゾビタキ

f:id:haru_hobby:20171104172441j:plain

鹿児島県にて撮影。コサメビタキ同様に秋の渡りのイメージが強い鳥ですね。撮影に行った時はたくさん見ることができました。写真の青と黒の線は電線です。

ムギマキ

f:id:haru_hobby:20171104172445j:plain

鹿児島県にて撮影。この鳥も渡りの時期に見られる鳥ですね。っていうか、ほぼ渡りの時期限定な気も。写真のムギマキは幼鳥ですが、雄の成鳥はもっとキレイなのでいつか見てみたいです。

エゾビタキ

f:id:haru_hobby:20171104172449j:plain

鹿児島県にて撮影。エゾビタキ2回目です。近かった...。

セイタカシギ

f:id:haru_hobby:20171104172453j:plain

カツオドリ

f:id:haru_hobby:20171104172458j:plain

コゲラ

f:id:haru_hobby:20171104172501j:plain

クサシギ

f:id:haru_hobby:20171104172505j:plain

カワガラス

f:id:haru_hobby:20171104172508j:plain

ルリビタキ

f:id:haru_hobby:20171104172512j:plain

ヤマガラ

f:id:haru_hobby:20171104172516j:plain

クロツラヘラサギ

f:id:haru_hobby:20171104172519j:plain

カワラヒワ

f:id:haru_hobby:20171104172522j:plain

シロハラ

f:id:haru_hobby:20171104172526j:plain

シジュウカラ

f:id:haru_hobby:20171104172529j:plain

エナガ

f:id:haru_hobby:20171104172532j:plain

イソヒヨドリ

f:id:haru_hobby:20171104172536j:plain

サカツラガン

f:id:haru_hobby:20171104172539j:plain

クロジ

f:id:haru_hobby:20171104172542j:plain

ホウロクシギ

f:id:haru_hobby:20171104172546j:plain

ヤツガシラ

f:id:haru_hobby:20171104172549j:plain

コホオアカ

f:id:haru_hobby:20171104172554j:plain

アカガシラサギ

f:id:haru_hobby:20171104172557j:plain

シロハラホオジロ

f:id:haru_hobby:20171104172601j:plain

コホオアカ

f:id:haru_hobby:20171104172605j:plain

オオルリ

f:id:haru_hobby:20171104172611j:plain

ズアカアオバト

f:id:haru_hobby:20171104172615j:plain

ムラサキサギ

f:id:haru_hobby:20171104172618j:plain

シロチドリ

f:id:haru_hobby:20171104172623j:plain

アカツクシガモ

f:id:haru_hobby:20171104172842j:plain

野鳥写真展で展示した鳥の画像-縦写真-

アカヒゲ

f:id:haru_hobby:20171104172900j:plain

マヒワ

f:id:haru_hobby:20171104172904j:plain

ビンズイ

f:id:haru_hobby:20171104172912j:plain

ミゾゴイ

f:id:haru_hobby:20171104172917j:plain

ハクセキレイ

f:id:haru_hobby:20171104172925j:plain

キアシシギ

f:id:haru_hobby:20171104172928j:plain

ゴイサギ

f:id:haru_hobby:20171104172932j:plain

シロハラクイナ

f:id:haru_hobby:20171104172935j:plain

クロサギ

f:id:haru_hobby:20171104172941j:plain

リュウキュウコノハズク

f:id:haru_hobby:20171104172944j:plain

カンムリワシ

f:id:haru_hobby:20171104172950j:plain

アオバズク

f:id:haru_hobby:20171104172959j:plain

アカショウビン

f:id:haru_hobby:20171104173006j:plain

バン

f:id:haru_hobby:20171104173011j:plain

ツバメチドリ

f:id:haru_hobby:20171104173014j:plain

リュウキュウツバメ

f:id:haru_hobby:20171104173019j:plain

セッカ

f:id:haru_hobby:20171104173023j:plain

エリマキシギ

f:id:haru_hobby:20171104173027j:plain

ムナグロ

f:id:haru_hobby:20171104173030j:plain

ツツドリ

f:id:haru_hobby:20171104173035j:plain

ヘラサギ

f:id:haru_hobby:20171104173038j:plain

マナヅル

f:id:haru_hobby:20171104173041j:plain

ユリカモメ

f:id:haru_hobby:20171104173046j:plain

ムナグロ

f:id:haru_hobby:20171104173050j:plain

キビタキ

f:id:haru_hobby:20171104173055j:plain

コサメビタキ

f:id:haru_hobby:20171104173059j:plain

キジ

f:id:haru_hobby:20171104173107j:plain

メボソムシクイ

f:id:haru_hobby:20171104173111j:plain

ゴジュウカラ

f:id:haru_hobby:20171104173115j:plain

イワミセキレイ

f:id:haru_hobby:20171104173118j:plain

アオゲラ

f:id:haru_hobby:20171104173122j:plain

ゴジュウカラ

f:id:haru_hobby:20171104173129j:plain

ホオジロ

f:id:haru_hobby:20171104173132j:plain

ナベヅル

f:id:haru_hobby:20171104173137j:plain

マナヅル

f:id:haru_hobby:20171104173141j:plain

ウミネコ

f:id:haru_hobby:20171104173144j:plain

ハクセキレイ

f:id:haru_hobby:20171104173150j:plain

コホオアカ

f:id:haru_hobby:20171104173153j:plain

終わりに

こうしてみると鳥の種類のダブりが多い...本当は1種類も被らせないつもりくらいで撮り進めたんですけど。

 

っていうか種類的にはダブりは無かったんですけど、写真のクオリティを考えるとやっぱりダブりが無い方が良かったんですよね。

 

もし次に写真展をする機会があればこの時以上の写真数、クオリティを出したうえで鳥の種類は1つもダブっていないようなものに仕上げたいです。