はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

canon ef-s 18-55 3.5-5.6 IS STMで世界遺産白川郷にある和田家の写真を撮る

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20171103120414j:plain

 canonのエントリークラスのキットレンズ、canon ef-s 18-55 3.5-5.6 IS STMを使って白川郷の写真を4か月ほど前に撮りに行ったので写真をアップします。

 

ところでなんですが、このcanon ef-s18-55 3.5-5.6 IS STMは入門用のキットレンズとは思えないほどの性能をしている超優良レンズなんですよね。

 

解像度も普通の2000万画素程度のカメラなら文句はないですし、手振れ補正も付いてます。おまけにSTMのおかげでピント合わせのストレスが少ないんですよね。aps-cなら画角もちょうどいいですし。

 

値段も安いです。中古で買うと7000円くらいのものが転がっています。僕はもうちょっと安く手に入れていますが、最安の相場はそのあたりだったはず。

canon ef-s 18-55 3.5-5.6 IS STMのスペック

基本仕様

対応マウント

キヤノンEFマウント系

フォーカス 

AF/MF

レンズタイプ 

標準ズーム

詳細レンズタイプ

標準ズームレンズ

フルサイズ対応 

 

レンズ構成 

11群13枚

絞り羽根枚数 

7 枚

焦点距離

18~55 mm

最短撮影距離 

0.25 m

最大撮影倍率

0.36 倍

開放F値 

F3.5-5.6

画角(35mm換算)

 

手ブレ補正機構 

3D撮影

 

サイズ・重量

最大径x長さ

69x75.2 mm

重量

205 g

フィルター径

58 mm

 

 

価格コムより引用

canon ef-s 18-55 3.5-5.6 IS STMの欠点

canon ef-s18-55 3.5-5.6 IS STMは手振れ補正、STM、リーズナブルとcanonにしては珍しくコスパが高い標準ズームです。

 

でも一つだけ欠点があって、全体的に歪みます。横に一本直線が走ってる被写体を撮るとわかるんですが、真ん中からサイドにかけてちょっと見ればわかるレベルで曲がっています。

 

これだけは欠点と言わざるを得ないですね。なので編集ツールでのレンズ補正は必須と言えます。もっとも、canon純正のDPPでもadobeのLrでもレンズのゆがみ補正機能はついているので問題はほとんどないんですけどね。

canon ef-s 18-55 3.5-5.6 IS STMで白川郷の和田家を撮る

f:id:haru_hobby:20171103120252j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120257j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120301j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120304j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120310j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120313j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120317j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120323j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120328j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120332j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120338j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120341j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120348j:plain

f:id:haru_hobby:20171103120357j:plain

終わりに

ef-s 18-55 3.5-5.6 IS STMの作例アップが目的の記事だったんですが、やはりこのレンズ値段の割りによく写るレンズですね。

 

aps-cなら下手に24-105とか買わずにこのレンズを購入して、残ったお金を別の機材や撮影費に回した方が良い写真が撮れると思います。

 

24-105はLにしろ、STMにしろ素晴らしいレンズだとは思いますが、このレンズのコスパを見てしまうとどうしてもそう思えてしまうんですよね。

 

それくらい個人的にはef-s 18-55 3.5-5.6 IS STMがお気に入りです。皆さんもキットレンズと思わずにちょっと使ってみませんか?