はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

国立大学の授業料は授業料免除申請をすれば意外と免除されるのでやってみる価値あり

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20170903010207j:plain

 僕は大学時代、地方の国立大学に通っていました。国立大なので授業料自体は最安クラスなんですけどそれでも年間53、4万くらいかかります。

 

ぶっちゃけ高いですよね。大学卒という資格はそれだけのお金を払ってでも取得する価値のあるものなのかっていうのは僕にはわかりませんけど、大卒の資格が無いと就職できない企業も少なくありません。

 

大学で遊びまくってて高校時代よりもダメになっちゃったって人も少なくはないですが、それよりも資格があるかないかの話ですからね。高いお金払ってでも手に入れておくべきなんでしょう。

 

さて、普通に国立大学に通おうと思うと入学料28万+授業料53万×4年間分でだいたい240万円くらい必要です。このうち入学料は免除の申請がかなり厳しいです。確か入学前の1年間で災害にあったとか、学費負担者が死亡したとかそういうレベルのことが無いと免除にはならないようです。

 

授業料免除申請の要綱をみたらこうだったっていうだけで実際はもうちょっと軽い状態で申請しても通るのかもしれませんが、授業料免除の申請よりは圧倒的に難しいのです。ですが、授業料免除は申請すれば最低限の条件さえ満たしていれば大体が通るんですよね。

授業料免除の体験談

f:id:haru_hobby:20170903010304j:plain

実際僕は授業料半額免除が2シーズン分、授業料全額免除が6シーズン分通りました。実際に払ったのは大学の授業料1期分だけ、つまり26万円程度です。

国立大学の授業料免除の条件1.親の年収

ここは特に準備するものはありません。申請する時に親の収入の証明書が必要なくらいです。で、親の年収額とそこから考量する要素で金額が引かれて、最終的に基準額を下回れば免除が通ります。

 

考慮される要素って言うのは例えば一人暮らしをしているとか兄弟が進学しているとかそういうやつですね。これらに値段が割り当てられていて当てはまっている分だけ引かれます。

 

どこで見たのか忘れましたが、公式サイトか免除の要綱かどちらか、確か結構信頼のあるところで見たので国立大ではほぼ間違いない情報だと思います。

国立だ学の授業料免除の条件2.授業の成績

授業料免除を受けるためにはある程度の成績も必要です。っていうかむしろ授業料免除申請ではこっちの方が強調されているんですけどね。学業優秀なものに限る、みたいな。

 

ここで使われる成績の指標はGPAです。つまり授業の成績の平均ですね。例えば秀が4、優が3、良が2、可が1、不可が0とか。この辺りは学校によって割り当ても違ったりするかもしれません。

 

でも実際はこっちはそこまで重視されてなかったような気もしますけどね。一度授業の手を抜きすぎて、っていうかさぼりすぎただけなんですけどGPAがちょうど2くらいだった時があるんですけどその時も通ってました。もしかしたらこの辺りの基準も大学ごとで違ってくるのかもしれませんけどね。

国立大学の授業料免除の申請に必要な書類

親の年収の証明、バイトしてれば自分の収入の証明、自分の家族全員の住民票、自分の家族の情報(勤務先とか通ってる学校とか)、免除を申請する理由とかが最低限必要です。

 

これ以外にも必要な書類はあったかもしれませんが、この辺りは学校ごとに違うので申請する時に自分の学校の免除申請要綱を読んだ方が早いかもしれません。

 

ちなみに志望書は意外と書くのに悩むんですよね。最終的にこういう理由でお金が足りない→実家からの仕送りは増やせず、バイトを増やそうと考えたがこれ以上増やすと学業に支障が出る→なので授業料免除を申請するって流れで書いてましたが最初の部分で苦戦します。

 

まぁ、理由が見つからない人はなんかそれっぽい理由をうまく付けて申請してください。ちなみに申請理由は書いた後に保存しておくと次回以降の授業料免除申請で使いまわせるので便利です。

 

さすがに全て同じ内容で書くわけには行きませんけど大体の流れを同じにしても文句は言われません。僕も3年くらい同じような理由を使いまわした覚えがあります。

 

ちなみに僕はしなかった、っていうかそもそも使ってなかったんでできなかったんですが、手帳のメモ部分に日ごろから考え付いた免除申請の理由をいくつか書いておくと申請直前に救われます。

 

ネタを複数用意できればその組み合わせでいい感じに申請理由の文が書けるので。6行か7行くらい理由を書かされるのでネタが一つだとどうしても足りなくなるんですよね。なので見つけたらパッとメモしておきましょう。

 

ちなみに手帳を選んだのはいつでも持ち運ぶものだし、パッとメモできる、簡単に捨てたりしないとかネタを残しておくのに適していると思ったからです。もちろん携帯のメモ帳でもいいんですけどね...。

国立大学の授業料免除が受けられる年収の基準ってどれくらい?

f:id:haru_hobby:20170903010323j:plain

ぶっちゃけわかりません。だって公表されてませんもん。っていうかこの辺りも大学によって基準額が変わってきそうですけどね。

 

地方の国立大学よりも都会の国立大学の方が親の年収基準は高そうですから、免除の基準も一緒に上がりそうですし。

 

ちなみに僕の知ってる中で唯一授業料免除が間違いなく受けられる年収の基準を発表しているのは東京大学(の院)のみですね。世帯の収入額が400万円未満だそうです。授業料免除について - 学生生活支援- 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部

 

一応国立大学なのでそこまで大きく授業料免除の申請基準に変わりはないと思うんですけどね。あ、ちなみに年収がもっと多くても半額免除はこれよりももっと緩いはずです。

 

友達は親の年収が600万円くらいだったそうですが半額免除はゲットできたみたいでしたので。もちろん別の要素で金額がマイナスされたり大学ごとの基準の違いもあるのかもしれませんが、絶対通らない...とか思わずに試しに申請してみるといいと思います。なんせ申請するだけならタダなので。

終わりに

実際大学に4年間通おうと思ったら授業料や入学料だけでなくて生活費やら実習日やらいろいろかかってくるんですけどね。っていうか生活費が一番ネックでした。だって家賃とか光熱費とかなかなか削れませんし。最悪寮って手段もあるにはありますけど、寮内の関係とかめんどくさいじゃないですか。

 

その点申請すればかなりの確率で通せる授業料免除はありがたいシステムだなぁって。本当かわからない話ですし、僕には関係なかったことなので話半分で聞いてたんですが、親が公務員とか自営業だと免除申請が通りにくいとかって話もありましたけどね。

 

とにかく授業料を減らして少しでもお金を節約して大学に通いたいって人は積極的に授業料免除の申請を出してみるといいと思います。申請するだけならタダですよ、タダ!!