はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

PS4だけじゃ無理!?PS4でイヤホンをbluetooth接続してワイヤレスで音声を聞くための3つの方法

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20180430235331j:plain

 ゲームをやろうとしても音量を気にして楽しめないことってありますよねー。実際僕も横の部屋との壁が薄くてけっこう配慮しながらプレイしていたことが多いんですけども。

 

イヤホンをすればいい話なんですが、イヤホンをすると今度はコードが邪魔になって鬱陶しい...。じゃあじゃあ今度はbluetoothでイヤホンを接続するしかありません。

 

これで解決って思ったアナタ!現実は甘くありません...PS4本体にはbluetoothで音声を聞く機能が付いていないんです。なのでただbluetooth対応のイヤホンやヘッドホンを用意しただけじゃワイヤレスでゲームを楽しむことはできません。

 

ですがご安心を。今回はPS4でイヤホンをbluetooth接続する方法を3つも紹介していこうと思いますので。

PS4本体にはbluetooth機能が付いていない?

まず最初に突っ込みを入れたくなるのがここですよね。4万近くもしたゲーム機にbluetooth機能すら付いてないってどういうことやねん...と。その突っ込みはごもっともなんですが、実際にはそれは間違いなんですよね。だってPS4にはbluetooth機能は付いているんですから。

 

ここで重要になってくるのはPS4本体がオーディオ機器ではないことです。オーディオ機器ではないということは音声を出すことができないということです。ではPS4でのチャット音声やゲームBGMがどこから出ているかというと、接続しているモニターやコントローラから出ているんです。

 

そしてオーディオ機器であるモニターやPS4のコントローラ自体にはbluetooth機能は付いていません。だからbluetooth機能付きイヤホンやヘッドホンを準備しただけではオーディオ機器に接続ができずに音声も聞くことができないんですね。

PS4でbluetooth機能付きイヤホン・ヘッドホンを使用する2(+1)つの方法

ということでPS4でbluetooth機能を使えないのはPS4本体の機能の問題ではなく、オーディオ機器側の問題であることが分かりました。ではここからどうするのかは簡単な話です。

  1. オーディオ機器側にbluetoothの送信機能を付けてbluetoothイヤホンで音声を聞く
  2. PS4本体にbluetoothの送信機能付きUSBヘッドセットを接続して音声をbluetoothイヤホンまで飛ばす

ではそれぞれ説明していきます。

オーディオ機器側にbluetoothの送信機能を追加してワイヤレスで音声を聞く

f:id:haru_hobby:20180430235313j:plain

 コントローラ側にイヤホンジャックが付いていますが、ここにbluetoothの送信機を付けてやることでbluetoothイヤホン(受信側)とのペアリングを行うことができます。

僕が購入したものはコイツです。bluetoothの送信機はamazonで1500円くらいで売っていますし、bluetoothイヤホンも2500円もあればそこそこ性能の良いものが買えますから合計で4000円くらいですかね。

 

おそらくこれが一番安くPS4でワイヤレスで音声を聞く方法です。ですがちょっとデメリットもありまして、bluetoothイヤホンによっては送信機との相性が悪くなかなかペアリングが上手くいかなかったり、送信機自体がちょっとかさ張るので見た目がそんなにきれいではありません。

 

f:id:haru_hobby:20180430235331j:plain

こんな感じです。もちろんイヤホンのコードが出ているよりはよっぽどまとまって入るんですが、PS4本位にUSBヘッドセットを付ける方法に比べると...って話です。気にならない人は全く気にならないレベルです。

 

ペアリングの方法は簡単で、bluetooth送信機とbluetoothイヤホンのペアリングボタンを同時に押すだけです。これだけで自動的にペアリングがされます。

 

もしペアリングされてるのに音声が流れてこない場合はゲームのBGMがコントローラ側から出力されているかを確認してください。デフォルトだとゲームBGmの出力はモニター側からになっているはずなので見落としているかもしれません。確認方法はこちらです。

hobby-diary.hatenablog.com

オーディオ機器側にbluetoothの送信機能を追加してワイヤレスで音声を聞くメリット

  • 費用が一番安い

オーディオ機器側にbluetoothの送信機能を追加してワイヤレスで音声を聞くデメリット

  • bluetoothイヤホンの機種によっては相性が悪い
  • USBヘッドセットを使う方法に比べるとちょっとかさ張る
  • bluetoothイヤホン、bluetooth送信機の両方に充電が必要なのでめんどくさい

PS4本体にUSBヘッドセットを接続してワイヤレスで音声を聞く①

f:id:haru_hobby:20180430235354j:plain

 次はUSBヘッドセットを使った方法で、creativeのBT-W2を使います。個人的にはこれが一番おすすめだと思ってます。さっきのbluetooth送信機を使う方法よりも若干高くなりますが、デメリットがだいたい解消されますからね。

具体的にはコントローラに何かを付けるわけではないので見た目的にすっきりしますし、bluetoothイヤホンとの相性問題が(ほとんど)解決します。それにPS4本体に接続しますから充電も自動でしてくれます。代わりにPS4のUSBスロットを一つ潰しますけどね。

 

ペアリングの方法もbluetooth送信機を使う時とほとんど同じで、USBヘッドセット側のペアリングボタンとbluetoothイヤホンのペアリングボタンを一緒に押すだけです。

 

音声設定がコントローラではなく、USBヘッドセットという別の機器に変更になっているのだけ注意してください。出力する音声の変更はコントローラの時と同じですので適宜設定してください。

PS4本体にUSBヘッドセットを接続してワイヤレスで音声を聞くメリット

  • コントローラにbluetooth送信機を接続した時のデメリットがだいたい解決する

PS4本体にUSBヘッドセットを接続してワイヤレスで音声を聞くデメリット

  • PS4本体のUSBスロットを1つ潰す

番外編:PS4本体にUSBヘッドセットを接続してワイヤレスで音声を聞く②

f:id:haru_hobby:20180430235406j:plain

 正直紹介するかどうか迷ったんですが、せっかくなので紹介しておきます。何でかっていうと僕が今使っていてかなり満足度が高いから。方法としてはさっきのUSBヘッドセットを接続する方法と大差はないんですけど製品が違うんですよね。

 

というわけで最後の方法はsony純正のPS4用のサラウンドヘッドセットを使う方法です。この方法がおすすめの人はワイヤレスでBGMを楽しみたい、かつPS4を使ってオンラインプレイで通話しながら楽しみたい人です。そうでなければそこまで必要ないかなと思いますね。

 ではなぜこのsony純正のサラウンドヘッドホンがおすすめなのかというと、まずヘッドホンとしての性能が普通に良いです。僕はヘッドホンやイヤホンの音にはそこまでこだわらない、というかかなり疎い方なんですがそんな僕でもなんというかしっかりした音が出ているなという感想を持ちました。

 

僕でも違うと思えるくらいですから多分安いヘッドホンとかよりもよっぽどいい音が出ているんだと思います。

 

そしてやはりsonyの純正ですからPS4との相性が抜群です。純正ゆえの安心感がありますね。そして最後。コスパ的な意味です。creativeのUSBヘッドセットが4000円ちょっと、これにbluetooth機能付きのヘッドセットを購入するとなかなかいいお値段になります。しかもあまり安いものを買うと機能に不安がありますよね。

 

それに対してこのサラウンドヘッドセットは中古で買うとだいたい8000円ちょっとで購入可能です。中古のヘッドホンなんて使いたくないという人は仕方ないですが、これはなかなかコスパが良いんじゃないでしょうか?

新型も出ています。中古を買うなら旧型ですが、新品を買うならこっちですね。

sony純正のサラウンドヘッドセットを使うメリット

  • 音声チャットを楽しむ場合の高コスパ
  • 純正なのでPS4との相性抜群

sony純正のサラウンドヘッドセットを使うデメリット

  • 音声チャットをしないなら普通のbluetoothイヤホンの方がコスパがいい

 終わりに

僕自身は最後に紹介したsonyの純正サラウンドヘッドセットを使っていますが、個人で良いbluetoothイヤホンやbluetoothヘッドセットを持っているという人は2番目に紹介したcreativeのBT-W2がおすすめです。

 

どれを使ってPS4でのワイヤレスを実現させるのが良いかは自分の持っている機材と相談してくださいね。