はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

キットレンズ馬鹿にするべからず~canon ef-s 18-55mm F3.5-5.6 IS STMレビュー~

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20171216032736j:plain

 canonの入門用一眼レフのキットレンズ、ef-s 18-55mm F3.5-5.6 IS STM。kissシリーズとかを買うとだいたいこのレンズが付いてきますね。

 

入門機についてくるとりあえずレンズのイメージが強いですが、このレンズ性能はかなり良かったりします。

 

僕も使っているんですが、普通に使っててほとんど不満が無い。なんなら普通の風景写真くらいならこれで十分なんじゃないか?って思うくらい。まぁ、歪みはかなり大きいんですけどね。この辺りはライトルームで簡単に修正できるので。

 

ちなみに残りのキットレンズも性能はかなり良いです。18-135 STMとか24-105 STMとか。ただ、この辺りはキットレンズとはいえ値段もなかなかのモノ。コスパ的には18-55に譲りますね。

 

望遠キットレンズの55-250 STMはコスパも素晴らしい見たいですけどね。中古なら1万円ちょいで手に入るみたいなので、そのうち手を出してみたいです。

canon ef-s 18-55mm F3.5-5.6 IS STMのスペック

  • 焦点距離:18-55
  • 手振れ補正:有り
  • 最短撮影距離:0.25m
  • 解放F値:3.5-5.6
  • 重量:205g
  • フィルター径:58mm
  • AFモーター:STM

前モデルとの比較

前モデルのキットレンズとの違いはスペックを見る限りほとんどありません。焦点距離も絞りも同じですし、手振れ補正だって旧型にも付いています。

 

ただし、大きな違いが一つあります。それはAFに使われる超音波モーターとしてSTMが採用されていること。これのおかげで快適性が全く別物になっています。

 

旧型はAFが遅かったり、音がうるさかったりで使っていてストレスが貯まる部分がありました。しかしこのレンズだとそれがありません。しょうもないことと思うかもしれませんが、これはかなり大きなポイントです。

canon ef-s 18-55mm F3.5-5.6 IS STMの良いところ

 AFが快適

旧型キットレンズとの違いでも書きましたが、AFが快適です。ストレスはほとんどありません。...もちろんLレンズのUSMとかと比べると遅いですし、ピントもそこまで正確ではないのでしょうけどね。

 

しかしLレンズは10万円近いものがほとんど。それに対して18-55 STMは新品でもamazonでは14000円、楽天だと11000円くらいで売られています。

 

コスパを考えれば十分すぎます。そしてこのレンズをあのcanonが出していることが重要です。canonはヒエラルキーがはっきりしていますからね。良いものが欲しいなら金を出すべきという資本主義を行く商品展開を感じます。

画質が良い

うん。普通に良いです。キットレンズのイメージである安かろう悪かろうはこのレンズからは少しも感じません。だってちゃんと解像していますからね。

 

現像までかければ高級レンズに劣りません。...いや、盛りました。高級レンズで撮影したものにも同じように現像すればさすがに勝てません。

軽い

画質やAFは高級レンズを引き合いに出されると勝てません。しかしこの軽さだけは別。高級レンズは性能を求める代わりに重量もそこそこありますが、このレンズは超軽い。

 

カメラの重さって思った以上にモチベーションに影響するんですよね。重たいと持ち出すときに嫌になるんですよ。野鳥撮影に使ってる150-600とか気合い入れて撮影に行くぞ!って気分にしないと持ち出す気になりませんからね。

 

あと軽いレンズの良いところは手振れしにくいことですかね。単純に構えててプルプルすることもありません。

canon ef-s 18-55mm F3.5-5.6 IS STMの悪いところ

安っぽい

軽さとの引き換えではありますが、全体的に安っぽいです。マウントはプラスチックですし、レンズを振るとなんかカタカタ音がします。いや、一眼レフで最安値クラスのレンズに何を求めてるんだって話なんですけどね。

広角側で撮影すると歪む

広角側で撮影すると、タル型に歪みます。気にしなければそれまでですが、現像時にレンズのゆがみ補正をかけると思った以上に修正が入ります。ライトルームだとクリックするだけでレンズ補正ができるので、最初に修正してしまいましょう。

電源が入っていないとピントが動かない

文字通りです。一眼レフ本体の電源が入っていないとピントリングを回してもピント位置は動きません。レンズが壊れているんじゃないかと最初は焦りましたね。実際はそういう仕様だっただけなんですけど。

canon ef-s 18-55mm F3.5-5.6 IS STMので撮った写真

実際にcanon ef-s 18-55mm F3.5-5.6 IS STMで撮影した写真を載せておきます。

f:id:haru_hobby:20171216031940j:plain

f:id:haru_hobby:20171216031943j:plain

f:id:haru_hobby:20171216031947j:plain

f:id:haru_hobby:20171216031950j:plain

f:id:haru_hobby:20171216031953j:plain

f:id:haru_hobby:20171216031957j:plain

f:id:haru_hobby:20171216032005j:plain

f:id:haru_hobby:20171216032012j:plain

f:id:haru_hobby:20171216032015j:plain

f:id:haru_hobby:20171216032019j:plain

最後に

キットレンズは安い代わりに性能が良くない。そう思っていた時が僕にもありました。しかし実際はそうでもないみたいです。逆に言えば安物のレンズを使っていることが良い写真を撮れない言い訳にはならないということですね。

 

いや、それは昔からそうだったのかもしれませんけどね。結局最後に写真を決めるのは機材ではなく発想や工夫ですし。...星空や野生動物みたいな物理的に無理なものは除いて。

 

ちなみに僕はこのキットレンズの凄さに気づいてから、新しい標準ズームを買おうとしても歯止めがかかってしまうようになりました。お金かかる割に結局18-55 STMとそこまで性能変わらなそう...みたいな。