はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

はてなブログでブログのアクセス数をアップさせるために僕が行った作業を全て晒します

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20170802004659j:plain

 ブログを始めてだいたい9か月経ちました。早いですね。大学生だった僕は大学院生になりました。

 

どんどん月ごとの記事更新数が減っているような気もしますが、アクセス数はなんだかんだ増えています。もしかしたらもっと更新していたらアクセス数はさらに多くなっていたかもしれません。

 

大学院がなかなか忙しいのでそんなの絶対無理ですけどね。これでもかなり頑張ってる方ですし。

 

で、はるの趣味日記は少ない記事更新数でアクセス数を増やすために記事以外の部分でけっこう工夫をしています。

 

今回はその秘訣を紹介していこうかなーと思いますのでぜひ見て行ってください。同じことを他のブログでやればアクセス数が一気にアップするかもしれませんよ?

まず最初に

はてなブログproに登録してください。これが無いと始まらない、それくらいproにするかしないかでカスタマイズできる幅が変わってきます。

 

ていうかそもそもこれに登録していないとスマホ画面はまともなカスタマイズができませんし、余計なところに広告が入ってデザインの邪魔にもなります。

デザイン関連

f:id:haru_hobby:20170802004717j:plain

やっぱりブログのデザインってかなり大事だと思うんですよ。僕はデザインが悪いブログを見ると開いてもすぐに戻るボタン押しちゃう人なので。

 

でも実際そうじゃないですか?デザインは大事です。人間だってイケメンか不細工かってだけで内面の印象まで違ってくるじゃないですか?同じこと言ってもイケメンの方が優遇されたりとかね。

 

ブログも同じで良いことを書いていてもデザインが悪いと評価は微妙になると思うんです。逆に良いデザインをしていればちょっとくらいのことは目をつむってもらえるはずw

 

そういう考えなのでブログデザインは結構頑張って作成しました。まぁ、作ったってよりは素材を組み上げたって感じですけど。

ブログデザインのカスタマイズ

幸いなことにブログのデザインに関してはめちゃくちゃおしゃれなテーマが無料で配布されていたり、奇麗にカスタマイズするプログラムがネット上にゴロゴロ記事にされています。

 

これを使えばプログラミングの知識なんて無くても奇麗なデザインのブログを作ることができます。僕はwebデザイン系のプログラムの知識はありませんがコピペだけでこれだけのデザインを実現しています。

 

このようなデザインを無料で公開してくれている方々には本当に頭が上がりません。感謝です。はるの趣味日記のカスタマイズ内容とそのカスタマイズのコピペ元はこちらの記事に書いてあるのでぜひ参考にしてください。

 

hobby-diary.hatenablog.com

 ヘッダー画像の変更

ブログのトップの部分です。一番に目に入る部分なのでしっかりしたデザインのものを使うのがお勧めです。

 

どうでもいいですが人間同士だと第一印象で9割の評価が決まるみたいですね。ブログデザインも9割なんてことは言いませんが多少は影響を受けているはず。ちゃんとヘッダー部を設定しておきましょう。

 

はるの趣味日記の場合ですが、スマホ画面は文字で完成するようなデザインを使わせてもらっています。なのでここはヘッダー画像を設定していません。画像を使ってデザインを崩すくらいならない方がマシということです。

 

パソコン画面はさすがにヘッダー画像が無いと締まりが無いように見えるため、ココナラで作ってもらいました。

 

自分でデザインを作る技術がないためこういうサービスには本当に助けられています。しかも格安でやってくれるサービスも多いですし。昔なら全部自分で作らなければいけなかったんでしょうけど便利な時代になりましたね。

SEO関連

f:id:haru_hobby:20170802004836j:plain

どれだけいい記事を書こうとグーグルの検索エンジンに上位表示されなければアクセスアップの効果は見込めません。なのでグーグルが上位表示してくれやすい基準を満たす記事を書きましょう。

 

基準とかなんか難しそうって?

 

大丈夫です!グーグル先生も鬼じゃありません。ある程度の基準は公表してくれていますし、ユーザーにとって有益であると考えられるものを評価の基準にしてくれています。

 

つまりこの基準を満たせば見に来てくれた人的にも快適なページになるので、さらにアクセスが伸びる可能性を増やしてくれるのです。わかったら黙ってグーグル先生のご意向に従いましょう。それが一番幸せになれる道です。

 記事の文字数について

ある程度まで文字数は正義です。グーグル検索の1ページ目に出てくる記事ってだいたい文字数が多いじゃないですか。つまりそういうことです。

 

適当に書きましたが、実際も文字数を多くすると本当に上位表示されやすくはなります。文字数が多い分キーワードを盛り込めるのが理由なのか、それとも本当にグーグルのSEOの指標に文字数に関する基準があるのかはわかりませんが。

 

そういうわけで記事数は2000文字を目安にしてください。他のアクセスアップ系の記事を見ていると1000文字以上が目安という話もありましたが多分それでは少ないと思います。

 

と、偉そうなことを書いていますが僕は文章を長く書くのが得意ではないのでだいたい1500文字を最低基準にしています。昔の記事はそれよりも少ないものがありそうなのでリライトが必要ですね。

 

...個人的にはもうちょっと長い記事を書けるようになりたいんですけどね。できれば2500~3000文字くらい書けるようになりたいんですが僕にはちょっときついかも。

millardの除外

millardという関連記事を表示してくれるおしゃれなプラグインがあるのですがこれはあまりお勧めできません。

 

というのも確かにおしゃれになるんですが実はmillardってかなり重いです。グーグルはページの表示速度をSEOの判断材料にすると言ってるので、これを使ってスピードを落とすのは得策ではありません。どうしてもこれがいい!っていうんじゃなければ使わないでおきましょう。

 

ちなみに表示スピードはグーグルアナリティクスのページ速度についての提案から見ることができますよ。それかこのページからも見れます。PageSpeed Insights

画像の圧縮

めちゃくちゃおすすめ。記事数が多いと心を無にして作業をすることになりますがそれでもおすすめ。僕の場合は100記事以上ありましたが全部圧縮してアップロードしなおしました。

 

どういうことか説明すると、millardの部分で書いたようにグーグルはページの速度をSEOの基準に影響させています。で、当然ですが重たい画像が記事内にあればその表示に時間がかかってしまいますよね。表示に時間がかかるということはページの速度が重たいと認識されることです。

 

ページ速度を軽くするためにも画像はある程度小さい状態に圧縮してからアップロードしましょうということです。

 

とりあえず自分の使ってる画像を一度ダウンロードしなおして何kバイトなのかを確認してみて下さい。僕の場合多かったのは300~800kbぐらいでした。

 

これを一度全てダウンロードしなおして50kbまで圧縮して張りなおしました。写真をメインに扱っているブログなので枚数が多くてつらかったですが効果はありました。枚数は多い分苦労と効果は倍増って感じなんでしょうね。

 

これでだいたいページ速度の評価ポイントが平均8くらいだったのを60くらいまで上昇させました。ざっと7倍です。SEO的にも良くなったし、なにより読みやすいブログになったので記事途中の離脱率も下げられたはず。

グッドキーワードを使う

グッドキーワードとは検索エンジンで検索されているよく検索されている複合ワードを調べることのできるページです。これを使えばピンポイントで検索されやすい記事を作成できるという優れもの。なんでこんなことをする必要があるのか説明しましょう。

 

いくら良い記事を書いても検索エンジンから表示されなければユーザーから見られることはありません。つまり検索エンジンで検索されるキーワードと自分の書いた記事のキーワードが一致しなければアクセス数という意味では意味が無いのです。

 

逆に言えばよく検索されるワードでピンポイントに良い記事を書けばアクセス数の向上にダイレクトに影響してくれます。

 

とはいえ最初の内はどんなにいい記事を書いても勝てないブログが上位にいます。これはやはり記事だけでなく他のSEO要素が大きいのでしょうね。

 

なので最初はグッドキーワードで検索数の少ない記事を相手にして少しずつPV数の増加を狙うのが良いでしょう。どんどん検索上位を取れるようになれば今までは相手にしても問答無用で取れなかったワードで上位を狙えるかもしれません。

 

なんだかRPGみたいですね。雑魚を倒して経験値を稼いだらボスを倒しに行くみたいな。

文章関連

f:id:haru_hobby:20170802004851j:plain

ブログは文字を書かなければ始まりません。読みやすい文章でも癖のある文章でもなんでもいいですが、また読みたいなと思えるような文章を書きましょう。

 

そうすれば絶対にアクセス数は増えていきます。逆にここをおろそかにしてデザインやSEO対策ばかりでは意味がありません。中身がないブログになってしまいます。

 

検索上位に表示されるかもしれませんが、結局その後読んでもらえなければ意味がないですからね。そういうわけでこの部分はしっかりしておきましょう。

出し惜しみはしない

 ブログにする内容を別の記事で書くからこの部分は書かないでおこうとか、内容を分割して記事数を増やそうとかそういうのはやめましょう。

 

それで記事数を増やしたところで全部中途半端な内容になります。だったら書ける内容を全部1つの記事に集約してください。書ける内容を全力で書き出して読みに来る人をリピーターにしてしまいましょう。

 

そっちの方が間違いなく効果的です。それに文章でもなんでもそうですが、全力でやらないとどんどんレベルが下がります。逆にやれることを全部やっていればなんでもレベルは上がっていきます。

 

魅力的な記事を書くために毎回全力を出していればコツもわかるし、積み上げたものも大きくなるんです。そういう記事はアクセス数を集めやすくなりますよ。

 

あとはそういう風にして書いた記事はグーグルに高い評価をもらえる可能性が高くなります。書けることを全部書いていれば文字数も当然多くなりますからね。

記事の投稿回数を増やす

当然ですが投稿数は多いほどアクセス数は多くなる傾向にあります。ブログの記事はストック型ですからね。

 

1日に10回アクセスを持ってくる記事を3回に1回書ける人がいたとしましょう。同じ条件で更新頻度が違えばその分だけアクセス数に直接差が出てくるわけです。

 

ぶっちゃけ書いた記事のどれがグーグルに評価されるかなんて書いてる側には絶対わからないわけですからね。ある意味賭けでもあるんです。

 

だからこそ数を撃って当たる確率を上げていくのは大事なことです。それに記事を書いてweb上にストックすることに関してお金がかかるわけではありません。

 

だったらたくさん書いてアクセスの起点をたくさん書いておいて損はありませんよね。あ、もちろん記事数を稼ぐために記事の質を落として数を増やせばいいってわけではありません。多分そんなことをすれば逆効果です。

 

(...偉そうなこと書いときながら僕はこの部分を実行できていないんですよね。仕方がない。大学院忙しいし。)

 その他

f:id:haru_hobby:20170802004908j:plain

その他です。デザイン、文章、SEOのどれにも当てはまらなかったものをここにまとめておきました。

SNSを利用する

SNSをうまく使えばバズと呼ばれる記事が一気に拡散される状況が起こります。わかりやすいバズはツイッターのリツイートですね。

 

よく1万リツイートとか見るじゃないですか。頻繁に見るわりに実際に起こすのは難しいですが、あれを狙わない手はありません。上手くやれば大拡散するチャンスですからね。

 

ちなみにブログ宣伝にどのSNSを使うのが良いかって話をすると、これはブログ運営者がどのSNSに力を入れているのかにもよります。ですがツイッター、Facebook、インスタグラムが宣伝に使いやすいんじゃないかと思います。

 

インスタグラムは写真やってないとうまくいかないですけどね。写真メインのブログなら武器になるかと。あとはSNSって言っていいのか微妙ですがはてなブックマークというシステムがあります。

 

...これはまぁいろいろ言われていますが、比較的楽にバズを起こせるって意味では魅力的かも。多分ツイッターのリツイート祭りよりは起こすのが楽です。

ファンや読者を増やす

コンスタントに見てくれる人を増やすは大事なことです。けっこう難しいことですが、地道に頑張りましょう。

 

これがアクセス数に直接繋がるかっていわれたら微妙ですが、いつも見てくれる人やコメントをくれる人がいるって事は自分のモチベーションに間違いなく影響するので。

 

モチベーションが高い時の方が気合入った記事が書けるし、良い記事を書いたらアクセスも集まります。

 

なのでファンや読者を増やすことは直接的ではないですが間接的にはアクセスにも影響するんです。

ブログ内の回遊率を上げる

ブログに来てくれたユーザーの平均PV数を上げるための作業です。PVっていうのはページビューの略ですね。ブログのアクセス数の単位にもなっています。

 

例えばブログを見に来てくれた人が、開いた記事だけ見て戻る場合と開いた記事だけでなく他の記事も見ていく場合アクセス数に倍の差が付きます。

 

というように見に来る人が増えれば増えるほど、ユーザーの平均PV数によるアクセス数の差は大きくなります。ここの対策をしっかりしておきましょう。

 

例えばわかりやすい位置にカテゴリーを置いたりするとか、グローバルメニューを設置するとかがその例ですね。あとはもっと記事をよんでみたいと思うような文章を書くとか。

 

回遊率を上げる具体的な方法はデザインや文章の部分になるんですが、この考え方をしっかり意識してデザインを決めたり文章を書くべきだと思ったので別枠で書きました。

時事ネタをブログ記事にする

タイムリーなネタをSNSに流すといい感じにPVを集めてくれたりします。最近の僕の記事だとcanonから新発売されることが決まったEos 6d mark2という機種の話をツイッターに投稿したらいい感じにアクセスを集めてくれました。

 

投稿したばかりの記事は検索でPVを集めることは難しいですが流行りの内容をSNSに流せばいい感じに見てもらえます。まぁSNSのフォロワーの興味とマッチしていなかったりそもそもフォロワー数が少なかったりすると効果は薄いんですけどね。

終わり

はい。以上です。頑張りました。5000文字普通に超えましたね。これだけやれば今回の記事で書いた内容の多くを網羅出来たんじゃないでしょうか。グーグルさん、お願いします。アクセスアップしてください。