はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

一眼レフ始めて1年くらいの時期に陥りがちな7つの考え

f:id:haru_hobby:20170801223038j:plain

 写真始めると一度ははまる偏った考え方ってありますよね。しかもけっこう定番の。高級レンズ至上主義とか、無加工主義とか。

 

いろいろ思い当たる節はあるんですが今回は僕の思いつく限りで初心者が写真に慣れてきた頃にはまるちょっと偏った考え方について書いていこうと思います。

1.レンズの画質にやたらこだわる

f:id:haru_hobby:20170801223059j:plain

一度はハマるレンズのスペック沼ですね。実際に買って試せるのは少数なので全部自分の妄想やネットのレビューで喋ることになります。

 

単焦点や大三元好き、万能ズームを嫌う。kitレンズを馬鹿にする。だいたいこんな感じ。

 

このレンズは隅が甘い、とか大三元は絞れるからその分解像度が暗いレンズより有利、とかsigmaのArtレンズの解像度がヤバすぎてこれ以外選択肢は無いとかね。

 

言いたいことはわかるけどその解像度がどれくらい写真に影響するのか...。焦点距離ならまだわかるんですけどね。被写体によっては使わないとほぼ無理な焦点距離とかありますし。

 

でも解像度...。解像度は高くても低くても一応写真は撮れるんですよね。しかも最近のレンズだとkitレンズクラスですら画質に関して問題があるとは思えません。

 2.写真の無加工にこだわる

f:id:haru_hobby:20170801223113j:plain

居ますよね。写真は現像しない。無加工が好きだからってどや顔で言うやつ。そんなんだからツイッターのタグにも無加工とか書くやつが出てくるんですよ。

 

現像してできた奇麗な写真に向かって、でもこっちは無加工だからとか言い訳するんでしょうか。いや条件は同じなんだから現像しろよって思いますね。カメラ買ったらついてくる現像ソフトでもなんでも使えばいいじゃないですか。

 

っていうかカメラだって限界があるんだから素直に現像すればいいのに。高感度が必要なシーンとかどうにもなりませんよ。いくら性能が良くなっても設定次第では荒れますし。

 

トリミングだってある意味戦略。ズームレンズで望遠だと暗いし手ぶれするから明るい設定で撮影できる焦点距離まで下げてトリミングで好みの所まで持っていくとかね。大事な戦略です。

 

下手に無加工のみって考えを持つのはよくありません。撮れるものも取れなくなりますよ。写真はできたものが全てです。

 

別に無加工主義を批判する気はありませんが無加工にこだわった失敗写真よりも現像してできた成功写真の方が評価は高いのは当然だと思います。

3.カメラメーカーにこだわりを見せる

f:id:haru_hobby:20170801223132j:plain

canonかnikonか問題。だいたい自分の使ってるメーカーを人におすすめしているイメージですね。それくらいならいいんですが悪化すると自分の使っているメーカー以外のカメラを馬鹿にする。

 

いや、カメラなんてシャッター切れればだいたい同じなんだから予算とか好みで決めればいいじゃんって思うんですがこれは僕が甘いんでしょうか。

 

ちなみにpentax使ってる人がpentaxを人に勧めているのは見たことが無いですね。砂に埋めても動くとか光るカメラがあるからおすすめって冗談を言っているのは見かけますが。

 

で、日本メーカーならまだしも悪化すると海外のライカやハッセルブラッドをめちゃくちゃ褒める人もいるんですよね。ていうか割といる。

 

たしかにカメラのことがわかってきたこ頃に聞く謎の海外メーカーってかっこいい響きなのもわかります。ライカとかも見た目シンプルでかっこいいですし。

 

だけど写真は写真。撮れるものがそこまで変わるわけでもないので自分の使ってるメーカーも人が使ってるメーカーも尊重しましょう。写真はカメラで撮るわけではありません。

4.この被写体はこの焦点距離じゃないとダメ!と決めつける

f:id:haru_hobby:20170801223153j:plain

これはポートレートとかでよく聞く話ですね。人物撮影は中望遠じゃないとダメ!85mm~135mmで撮るべしってやつ。

 

理由があるのも知ってるから適切なのもわかるけどこれじゃないとダメ!っていうのは言いすぎですね。写るんだからとりあえずやってみればいいのに。

 

もっと問題なのがこの発言を聞いて初心者の人がその焦点距離のレンズ持ってないからできないって思いこんじゃうこと。人に影響を及ぼすのは本当によくないです。

 

頭を柔らかくして持ってるレンズで何でも試してみようという気持ちが大切だと僕は思います。あ、僕今いいこと言いましたね。

5.ぼかすのが好き

f:id:haru_hobby:20170801223210j:plain

むしろこれは初心者にありがちな考えと思われるかもしれません。でもそっちは単焦点のF値を限界まで下げるタイプ。こっちは望遠レンズで解放撮影をするタイプ。

 

ぼかし方の種類が違います。ちょっと違った表現方法にこだわりたくなるのかもしれませんね。ですが望遠レンズでボケを狙いに行くということは絞り解放で撮影しているのがほとんど。

 

あまり望遠レンズでボケを狙いに行くのはお勧めしません。ピント面が薄いのでシビアです。フォーカスロックして構図ずらしとかやると一発でピント外しますし、手振れするとそれの影響も大きく出ます。

 

やめましょう。ぼかしたいなら単焦点レンズで良いじゃないですか。f1.8のレンズとかめっちゃボケますよ。 

6.フィルムで撮った写真に異常な価値を見出す

f:id:haru_hobby:20170801223231j:plain

フィルムカメラに手を出すとはまりがちな考え方。あとサブカル女子とかもよくこんなこと言ってるイメージ。パンケーキの写真しか載せないくせに何言ってんだ。

 

でも確かにあのフィルム特有のなんか色被りしているような色合いはそのままじゃ出せないかもしれない。

 

あれはあれで貴重なのかもしれませんがそんなもの現像でどうにでも出るとも思うんですよね。VSCOみたいにフィルム風の現像ができるプリセットとかもありますし。

 

もしかしたら無加工主義の人たちには貴重な色合いなのかもしれないですけどね。

 

あとは...フィルムでしか出ない空気感って言葉。あれなんですかね。本気でよくわからないんですが。いったいデジタルと何が違うのか誰か僕に説明してください。

7.センサーサイズが小さいカメラを馬鹿にする

f:id:haru_hobby:20170801223241j:plain

写真はやっぱりフルサイズだよねっていう人、フルサイズ以下を馬鹿にする人。今時iphoneでもいい写真は撮れます。

 

iphoneのセンサーとかめちゃくちゃちっちゃいけど上手な人はそれでも奇麗に撮りますからね。カメラの性能は超えられなくても写真は何をどうやって撮るかで決まりますから。

 

センサーサイズの小さなコンデジを使っている人もそういう人の意見はあまり気にしないでおきましょう。まあ、もちろんセンサーサイズで超えられない壁はあるんですけどね。常用できるISO感度とかやっぱり差が出ちゃいますからね。

 最後に

書いてて思ったんですが、これ自分の黒歴史をあさってるみたいで恥ずかしいですね。消したい。でも誰でも一度はこういう考えにはまったことがあるはずです。

 

思い出すと恥ずかしいですがそれでも一度こういう考えにはまってからが本番みたいなところ...無いですかね?