はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

一眼レフ初心者向け。露出の設定を覚えればとりあえずキレイな写真は撮れます

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20170802022836j:plain

 写真の明るさのことを露出と言います。で、この露出をいい感じにするにはシャッター速度、ISO感度、絞りの3つの要素をうまく調整してやる必要があります。

 

3つの要素を調整って言うとけっこう難しそうに聞こえますが実際は簡単です。設定自体は全然シビアじゃなくてむしろがばがばなので。

 

例えばISOが全然ダメな設定でも残ったシャッタースピードと絞りをうまく調整すれば適切な露出に持っていけたりとか。もちろん残りのやつも同じ感じ。

 

ようは3つの要素を適当に組み合わせてやるだけです。あまり変な設定をすると失敗写真ができてしまいますがこれをいつも正しくできるか、とか素早くできるかとかは慣れの問題です。

 

ある程度まで覚えるなら設定を意識しながら1日カメラを持って写真撮ってればすぐに感覚は身につくはずです。そういうわけで今回は露出を決める3つの要素についての話をしていこうと思います。

 

参考までに露出についての画像を張っておきますね。あと今回使用している画像はnikonのHPから引用しました。

f:id:haru_hobby:20170802022503j:plain

露出の要素1.絞り

絞りって何を絞ってるんだ...って思う人もいるかもしれません。確かに同じことを僕も初心者だったころに思いましたが答えは簡単です。

 

レンズを通してセンサー、もしくはフィルムまで入ってくる光の量を調節しています。最近のレンズは絞りが電気的に制御されているものが多いですが、昔のレンズとかだとレンズの接点側に絞りレバーというやつが付いています。

 

このレバーを引くとレンズ内部にある絞り本体が開いたり閉じたりします。当然閉じれば入ってくる光の量は少なく、開けば入ってくる光の量は多くなります。

 

人間の目って暗いところでは瞳孔が開いて光の入ってくる量を増やすし明るいところだと瞳孔は閉じて入ってくる光の量を減らすじゃないですか?

 

これって絞りとそっくりな機能なのでどうしても絞りのイメージがつかない人はこっちをイメージするとわかりやすいと思います。参考はこちら

 

さて、絞りは明るさを調節する役割もありますが他にも設定次第で写真に影響を及ぼします。それはずばりピントの話!

 

ざっくり書くと絞りを開いて撮影するとピントの合っている面以外がボケやすくなり、逆に絞りを閉じて撮影するとボケにくくなります。

 

ちなみにピントの合っている範囲を被写界深度と言います。語感はかっこいいですがただのピントの合っている範囲のことを言っているだけです。あんまり言いまくるとカッコ悪いのでやめましょう。

 

参考までにこちらを

f:id:haru_hobby:20170715230323j:plain

f:id:haru_hobby:20170715230338j:plain

ね?絞りが開いている方がボケてるでしょ?

 

さて、上の画像では絞りを小さくすると書いていますよね?ここが絞りのややこしいポイントなんですが、絞りの設定値のことをF値と言います。

 

そしてF値が小さいということが絞りが開いていることを、F値が大きいということは絞りが閉じていることを意味しています。

 

直感的に言えば絞りを開けば入ってくる光の量も増えるんだしF値も大きくなると思うかもしれません。ですがここは逆になっているのです。どうしてこんなわかりやすい設定にしたのかよくわかりませんがとにかくそうなっているので覚えてください。

 

最後に絞りの設定を示した表を張っておきますね。

f:id:haru_hobby:20170715230849j:plain

露出の要素2.シャッタースピード

シャッタースピードは写真を撮るときにカメラ内のシャッターが空いている時間です。設定された時間分だけシャッターが上がるのでセンサーに光が当たります。

 

シャッタースピードが遅い(=シャッターが空いている時間が長い)、つまり光が当たる時間が長ければ撮影できる写真は明るくなりますしシャッタースピードが早い(=シャッターが空いている時間が短い)、つまり光が当たる時間が短ければ撮影できる写真は暗くなります。

 

単に明るさだけの話ではなくてシャッター速度が遅いと被写体ブレや手振れの可能性が上がってしまいます。被写体のスピードが速かったり手振れしやすい望遠レンズだったりするならある程度それらを防げるくらいのシャッタースピードに設定する必要があります。

 

もちろん遅いシャッタースピードを活かす表現もあります。水の流れを表現する時や暗くて動かない被写体を撮影する時には強い味方になってくれます。前者は滝とかがわかりやすいですし、後者は夜景とかがいい例ですね。

 

参考までに次の画像をどうぞ。

f:id:haru_hobby:20170802022428j:plain

露出の要素3.ISO感度

 カメラがどれくらい光をとらえることができるかの能力。これがISO感度です。高ければ高いほど少ない光でも明るい写真を撮ることができます。


このISO感度ですがフィルム時代はフィルムによって決められていたので一度入れると撮りきるまで同じ感度設定でした。しかしデジタルカメラではこのISO感度を変更することができるので柔軟な撮影が可能になっています。

 

しかもフィルムカメラだとだいたい基準がISO400くらいだったのに最近だとaps-cでも常用ISO800くらいは普通に使えますし、フルサイズだと常用でISO3200とかまで使えます。


便利になりましたね。フィルムにはフィルムの良さがあるっていう意見もありますし、その意見に反論するつもりはありませんがやはり便利なのはデジタルカメラだなと思います。

 

さて、ISO感度を変更できるならいくらでも上げられる、つまり実質写真の明るさ変更し放題と思うかもしれません。しかし残念。デジタルカメラもそこまで都合の良い道具ではありません。


ISO感度は可変ですが、上げれば上げるほど写真にノイズが乗ります。ノイズが多い=写真がざらざらになって画質が悪いって思ってもらって大丈夫です。

 

つまりISO感度にはある程度写真がキレイに見える上限があり、その上限はセンサーの大きさや性能によって変わる。これがaps-cでもISO800まで大丈夫とかフルサイズならISO3200まででも..とか書いた理由です。

 

まあ、シャッタースピードや絞りに比べたら写真の表現そのものに影響が出るわけではありません。ISOを上げすぎると画質が悪くなるから上限を決めて設定しようねってくらいの意識で大丈夫です。

 

それさえ気を付ければ写真の明るさ変え放題の魔法のアイテムですからね。シャッタースピード、絞りがシビアな場面ではこのISOの設定のしやすさに救われることがとっても多いです。

最後に

露出の設定の話だけならどこのメーカーのカメラでもどんな被写体相手でもさらにはフィルムだろうがデジタルだろうが全て共通です。

 

つまりこれ以上覚えることは無いので簡単に上級者に追いつくことができる項目でもあります。さっさと覚えてしまいましょう。たった3つの関係なので。