はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

大学院生が人生で初めてインターンシップの面接に行ってきました

f:id:haru_hobby:20170802044330j:plain

 大学院生のはるです。僕は修士課程、つまり2年間だけ大学に行く予定なので来年の春から就活です。

 

最近の大学生、大学院生はインターンシップに参加しているのが普通みたいですね。大学でも大学院でもそういう説明を受けたので僕も今年の夏休みはインターンシップに行くことにしました。

 

ちなみにインターンシップ自体は初めてではありません。ですが学部の時は書類を出せば通ったのに対して今回は書類審査、面接審査の2段階の審査があります。

僕の場合インターンシップの書類審査はめでたく突破できたのですが面接審査が曲者でした。(書類審査を突破できたのはブログ書いてたおかげかなとも思いますがw)

 

自分が思ってた以上に面接ってぼろが出る...

 

いや、これはヤバいです。ミスったと思うとどんどん声が小さくなるし、面接官は手元で〇とか△とか書いてるし何もかもが焦りに繋がる。

 

もう落ちた実感しかないので今回はインターンシップの面接ってどんなことを聞かれるのか、どうヤバいのかを書いていこうと思います。

インターンシップで聞かれたこと

面接の話をする前に前提として僕は大学院と大学で専攻を変えているので、そういう話がちょっと多めになります。もし僕のような境遇の人がいるならかなり参考になるかもしれません。

 

ちなみに聞かれたことは以下の通り。ちょっとぼかしが入っていたり記憶違いがあるかもしれませんけど

  1. 学部時代に学んでいたことはなんですか?
  2. なぜ学部の専攻から今の専攻に変えようと考えたのですか?
  3. 院での研究内容は?
  4. なぜ学部時代の学部を目指そうと考えたのか?
  5. そもそもなぜインターンに来ようと考えたのですか?
  6. インターンシップで学びたいことはなんですか?
  7. なぜインターンシップ先の会社を選んだのですか?
  8. 他のインターンシップに申し込んでいますか?
  9. 学部時代や現在熱心に取り組んでいることはありますか?

あれ?これって就活でよく聞かれる質問内容じゃない?

 

インターンシップの面接に来ていたかと思ったら就活の面接に来ていた...?

ぶっちゃけインターンシップの面接なんだからもっと緩い質問をされると思ってました。興味ある分野でホントに良かった。

1.学部時代に学んでいたことは何ですか?

まあ、普通に。学部時代の勉強とか研究の話をすればいいと思います。 

2.なぜ学部の専攻から今の専攻に分野を変えようと考えたのですか?

専攻変えたから聞かれるのは当然ですよね。さすがに聞かれるのは就活の時かなと思っていましたが、まさかこんな早くに質問されるとは...。

 

まあ、専攻替えする人はみんな思うところがあって専攻を変えているはずなので理由は喋れるでしょう。思いつかないって人は...元の学部の研究や勉強に興味がなくなって今の分野をやりたくなったって話をオブラートに包んですれば良いんじゃないですかね?

 

もちろん理由は付けた方が良さげ。きっかけがあって今の分野に興味を持ったとかね。大げさな理由である必要は無いですよ。とにかく理屈が通っていればセーフです。でも多分理由が無いと大幅減点くらいそう。

3.院での研究内容は?

定番ですね。普通にしゃべりましょう。別に今の段階で結果を出している必要とか全くないので気にせず喋ってください。方針や概要だけでもいいと思います。

4.なぜ学部時代の学部を目指そうと考えたのですか?

学部→院への志望理由は考えていたけどまさかの高校→大学は考えていなかった...。ちょっと詰まりました。あー、減点食らったんだろうな。

 

まあ、今後インターンの面接を受ける皆さんはきかれることもあると思っておいてください。正直この質問って学部での就活の時に聞かれる質問だと思うんだけどなぁ。

5.そもそもなぜインターンに来ようと考えたのですか?

別にインターンって強制じゃないからくる必要無いんじゃない?ってことを暗に言われました。

 

そうですね...。

 

周りのみんなも行ってるからなんて言おうものならその時点で落ちるの決定です。でもこれ難しい質問じゃないですか?

 

だってその会社のインターンじゃなくて受けているインターンシップ制度を受ける理由に関して聞かれていますし。

6.インターンシップで学びたいことはなんですか?

これは定番。むしろ考えていないとまずいはずです。

7.なぜインターンシップ先の会社を選んだのですか?

これも定番ですね。うまく志望業界→細かいくくり→応募した会社の順番で理由を言っていきましょう。他の会社と差別化して言えれば大丈夫だと思います。

 

ちなみに僕はこの質問でしくじりました。緊張していたので。

8.他のインターンシップに申し込んでいますか?

就活で言うところの第一志望ですか?みたいなもんですね。

9.学部時代や現在熱心に取り組んだことはありますか?

来ましたガクチカ!

 

もうほんとに就活かよ。定番オブ定番じゃないですか。やだー。

就活までに作ればいいやって思ってる人。インターンの面接でも聞かれるかもしれないので一応言えること作っときましょうね。

まとめ

もしかしてインターンシップの面接受けまくってれば就活の面接対策になるんじゃない?

 

だって聞かれるところって大体被ってるし。強いて言うならインターンは何を勉強したいか?を聞かれるのに対して就活は本人がどのように会社に貢献できるのかを聞いてくるみたいですけど。

さて、インターンシップ面接のおかげでメンタルはボロボロです。このままじゃ就活ヤバいって気持ちしかありません。

なので就活対策きっちりやろうと思います。多分ブログにも就活に関する話を増やしていくかも。大学院生の就活に興味のある方、特に専攻変えた人とかに役立てる記事を書いていこうと思います。よかったら読んでください。