はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

金沢カレーチェーン店比較!カレーのチャンピオンVSゴーゴーカレー

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20170716231829j:plain

 金沢に来ると鹿児島ではあまり見かけなかったチェーン店がちらほらあります。特に目につくのがカレーのチャンピオンと8番ラーメン。

 

両方とも食べに行きましたがカレーのチャンピオンはともかく8番ラーメン、こいつはラーメンっていうよりちゃんぽんなんじゃないか...。

 

北陸系ラーメンはだいたいこんな感じなのかそれとも8番ラーメンが特殊なのかはわかりませんがしばらく8番ラーメンはパスかな。

 

ラーメンを食べたくて店に入った時にちゃんぽんが出てきた時の残念感は半端じゃないので。

 

で、今回の記事のネタにもなっているカレーのチャンピオン。こっちはけっこうおいしいんですよね。

 

鹿児島にいたころにあったゴーゴーカレーと似たような感じ。っていうかゴーゴーカレーが金沢カレーだったって言うのを石川に来てから知りました。鹿児島にいたころにも一度行ってはいたはずなんですけどね。

 

とにかく同じ金沢カレーチェーン店のカレーのチャンピオンとゴーゴーカレー両方行ってきたのでその話をしようと思います。

そもそも金沢カレーって?

とりあえずwikipediaから特徴の項目を持ってきました。

  • ルーは濃厚でドロッとしている
  • 付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている
  • ステンレスのさらに盛られている
  • フォークまたは先割れスプーンで食べる
  • ルーの上にカツを載せ、その上にソースがかかっている
  • ルーを全体にかけて白いライスが見えないようにする

確かに両方ともこの条件全部満たしていましたね。カツには最初からソースがかかっていたわけではないですけど、この辺りは自分の気分でどうぞって感じなんでしょう。

 

ちなみにこのカレーのルーツはというとレストラン「ニューカナザワ」でチーフコックを務めた5人が独立してそれぞえの店を創業したのがスタートらしいです。

 

カレーのチャンピオン、ゴーゴーカレー以外にもインディアンカレーやターバンカレー、カレーの市民アルバなどいろいろ金沢カレーのチェーン店はあるようですね。

カレーのチャンピオンに行ってきた

f:id:haru_hobby:20170716232007j:plain

まずはカレーのチャンピオンから紹介していきましょう。石川県外で多く見かけるのはゴーゴーカレーですが、石川県内で見かける数はやたらカレーのチャンピオンの方が多いですね。地元志向のチェーン店なんでしょうか。

 カレーのチャンピオンのカツカレー

入店してカツカレーを注文します。注文方法は食券式でした。

f:id:haru_hobby:20170716232015j:plain

来ました。確かに金沢カレーの特徴通りにステンレスの皿、千切りキャベツ、ご飯を覆うようなルーのかけ方をしていますね。でもここで気が付きました。

 

...このカレー肉入って無くね?

 

......ジャガイモ、ニンジン入って無くね?

 

このルーはあれだ。見たことがあるぞ。大学時代お金が無くてお湯にカレールーを溶かしてカレー()を作った時のやつだ。どうしよう。怖い。

 カレーのチャンピオン実食

分解するとルー()、カツ、ご飯、キャベツ。なるほどこれが金沢カレー。カツが無いと貧乏大学生風のカレーになるのが悲しい。

 

僕が前に作った具無しカレーはおいしくなかったし、このカレー大丈夫か?とかいろいろ思うところはありますが、とりあえず食べてみることに。

 

あ、おいしいじゃん

 

よかったです。さすがチェーン店。味はしっかりしてました。多分ルーを作る段階でけっこう味を工夫してるんでしょうね。

 

ご飯にかけて食べるだけでも普通においしい。ちなみに味は意外と甘口のような気がします。家で作るカレーは基本甘口の僕でも問題なく食べられたので。

ゴーゴーカレーに行ってきた

f:id:haru_hobby:20170716232034j:plain

意外と石川県外で見ることも多いゴーゴーカレー。チャンピオンカレーに比べると全国展開を意識しているんでしょうね。どうでもいいですがこの店やたら5についてこだわってきます。店長がダジャレ好きなんですかね。

  • ルーは55時間の工程で5時間かけて煮込み55時間寝かせている
  • 開店から午後5痔55分までは「ゴーゴータイム」としてロースチキンカツカレーとチキンカツカレーすべてのサイズを通常価格より100円引きで販売している(一部店舗除く)
  • 毎月「5」の付く日は「ゴーゴーデー」としてトッピングサービス券を1枚進呈している。また、新規店舗は必ずゴーゴーデーに開店しておりその際は記念として全店舗で2枚進呈している
  • 毎年5月5日は「ゴーゴーバースデー」としてファーストクラス、メジャーカレー、店舗限定メニューをの除いたカレーメニューを500円で提供し、プレミアムチケットというトッピングサービス券(5枚つづり)を進呈している。ただし、この日に限りワールドチャンピオンクラスの販売は無く、トッピングサービス券は利用できない

 

なんでもかんでも5にちなんでればいいと思ってるのか...

 

昔3の倍数でアホになる芸人がいましたがこちらは5の倍数でカレーを作るようですね。でも全国展開できるほど人気なんですから、戦略としては成功しているんでしょうか。

 ゴーゴーカレーのカツカレー

とりあえず入店します。こちらもカレーのチャンピオンと同様に食券式。とりあえずカツカレーを頼みます。お腹がすいていたので大盛で。

f:id:haru_hobby:20170716232053j:plain

来ました。やたらでかい。なんだかカレーのチャンピオンよりもルーの色が濃いような...。

 ゴーゴーカレー実食

食べてみるとやっぱりちょっと辛い。そういえば鹿児島で食べたゴーゴーカレーも辛めだったことを思い出しました。

 

ですがそれ以外はだいたいカレーのチャンピオンと変わらないような。強いて言うなら多分ゴーゴーカレーの方が量が多いのかな?多分ですけど。

 

あとは具のないルー、千切りキャベツ、埋もれたご飯とだいたい同じです。まあそりゃ創業者の出身店が同じなら味付けも似てきますよね。

 

ゴーゴーカレーは店舗限定メニューやサービスがけっこうあったりするのでそういうのが欲しい人はゴーゴーカレー、甘めのカレーが好きな人はカレーのチャンピオンですかね。

ゴーゴーカレーとカレーのチャンピオン、違いは?

 両方とも食べてみてわかりましたが大体一緒。吉野家とすきやの牛丼がだいたい同じと感じるようにカレーのチャンピオンもゴーゴーカレーも大体一緒です。こんなこと書くとカレー大好きな石川県民に怒られそうですが...。

 

でも正直言って、すきやと松屋ほどの違いは感じません。店名にこだわらずに近い方にある店に行けばいいと思います。大差ないですし。でも大盛狙いならゴーゴーカレーがいいですね。

 

ゴーゴーカレーにはワールドチャンピオンクラス(2.5kg)とかいうよくわからないメニューがあります。略してRCCですね。単位に使えそうです。

 終わりに

石川県は人口あたりに対するカレー屋の店舗数が日本一だそうです。きっとカレー大好き県なんでしょうね。

 

なので適当にカレーのチャンピオンもゴーゴーカレーも同じ味とか言うと怒鳴られるかもしれません。思っていても口に出さないようにしましょうね。