はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

軽自動車で車中泊をすると身体が痛くなる

f:id:haru_hobby:20170728025025j:plain

 車持ってるなら車中泊すれば旅行の宿泊費浮くし、起きたらすぐ活動できるし一石二鳥じゃない?

 

そう考えたことはありませんか?僕はあります。ありますっていうかやりました。軽自動車で。

 

もともとお金を節約するために空港泊やゲストハウスなどなんでも使う人間なので車中泊くらい普通に考えてます。ですがよく普通の軽自動車で車中泊はお勧めしないと言われています。

 

正直僕も他の人に車中泊やりなよ!安く済むよ、おすすめ!

 

とは簡単には言えません。やはりネットでお勧めしないと言われるのには理由がしっかりあったんです。

 

今回はそのあたりを踏まえて軽自動車での車中泊レポートを書いていこうと思います。

車の間取り

車の車種名は置いておくとしてとにかく軽自動車です。15年くらい前の。

 

なので最近の車のように車内空間は広くはありません。このあたりは写真を見てもらった方が早いかもしれませんね。

f:id:haru_hobby:20170728024435j:plain

うーん。やっぱ狭い。

 

最近はダイハツのタントみたいに車内の広さを推してる軽自動車を見かけますが残念ながらそんな仕様ではありませんからね。仕方がない。

 

僕はけっこう小柄な方なんですがさすがにこの大きさだと足は伸ばせないです。しかもシートもフラットにはなりませんし。ていうかフラットどころか15cmくらい段差が付いています。

f:id:haru_hobby:20170728024501j:plain

これはいくら自称どこでも寝れる僕と言えども厳しいかも...?

寝るために3つのスタイルを試してみた

そんなこと言っても安く済ませるためですからとりあえず寝転がってみます。

 

...適当に寝転んでみましたがさすがにちょっと寝づらい。寝づらいどころか体が痛いです。多分これじゃ眠れません。

 

なのでこの車の空間に合わせた寝方を3通り試してみました。

寝方1.頭挟みスタイル

f:id:haru_hobby:20170721024135j:plain

とりあえず寝るときに首を固定すれば寝やすいんじゃないかと思って前の席の間の隙間に首を突っ込みます。で、頭をひじ置きに置くかんじ。身体が長いって?気にしない。

 

でもなんか痛い。これちょうどお尻が後部座席の段差に当たるんですよね。めちゃくちゃ痛いです。

 

頭を固定する発想は良かったはずなんですが...。

寝方2.対角線スタイル

f:id:haru_hobby:20170721024143j:plain

後部座席を対角線上に使うことでスペースを最大限に生かした寝相スタイル、っていうとめちゃくちゃ頭よさそうですが頭の固定を諦めてお尻を段差から外しただけです。

 

しかしこれは中途半端。今度は段差が腰に当たって痛いしちょっと窮屈。没。

寝方3.段差殺しスタイル

f:id:haru_hobby:20170721024152j:plain

最後に出た結論はこれです。これが一番マシでした。段差を全部避けてフラットなシートで眠れる。その代わりめちゃくちゃ窮屈。

 

さっきみたいにスペースを生かすって考えは全くなし。後部座席の半分しか使いません。ここまでスペースを生かさないとむしろ清々しくなります。

ぶっちゃけこれ前の席で寝た方が楽なんじゃないか?とも思いましたが寝床に傾きがあるとめちゃくちゃ寝にくい。結局この体勢で寝ることに決定。

結果

ごたごた言いましたが寝れました。意外と快眠です。あとはアイマスクと耳栓でもあれば完璧でしたね。

 

でもちょっと下にしていた足が痛い。あと背中も。さすがにこのシートの硬さ、段差でノーダメージなほど僕の体はタフではなかったみたいです。残念。

 

ただこれは下に敷くシートとか買えば簡単に解決しそうです。3000円くらいあれば車中泊に使えそうなシートも買えそうですし、素泊まり1泊分で快適な車中泊ライフが手に入ると思えば悪くないはず。

最後に

普通の軽自動車ではお勧めしないと書いたのは最近は車中泊に適した空間が広いだけでなくて、シートを倒すとフラットになるような機能の付いた軽自動車が販売されているからです。

 

なので車内空間広くてシートがフラットになる車を買ったのならぜひ車中泊しましょう。車中泊はなんだかんだでコスパ高いです。

 

残念ながら僕の車はそうではないですが、それでもなんだかんだ言って僕は今後も車中泊をするでしょうね。せっかく自分だけの移動拠点を手に入れたのに最大限活用しないと損だと思いますから。

 

よっぽど安い宿があればそっちを使うかもしれませんが田舎の観光地とかだとどうしても安い宿って無いんですよね。金沢から車で行ける旅行先も結構限られていますし。

 

もしかしたら今後フラットにならない車で快適に車中泊をする方法なんて記事を書くかもしれません。その時はどうぞ見てやってください。