はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

パクリ防止のためにライトルームを使って写真に署名を入れてみました

f:id:haru_hobby:20170706161440j:plain

 ツイッターで何かと問題になる写真のパクリ。それを防止するための対策に写真に署名を入れている人もいますね。で、タイトル通りなのですが、僕も今回写真に署名を入れてみました。

 

え?お前みたいなレベルの写真がパクられるわけないだろって?

 

後々すごく人気のアカウントになるかもしれないから今から対策してるんだよ。悪いか(´・ω・`)死んでから有名になる画家だって多いんだしそろそろ死んでから有名になるSNS写真家が出てきたっておかしくないじゃん。死んでからじゃ署名はできないんだよ。

 写真に署名を入れてみた

そういうわけなので写真に署名を入れてみました。っていってもライトルームには最初からそういう機能が付いているので簡単です。

 

5分くらいあれば余裕でできるし、一つ作ってしまえばあとは書き出しの時にちょこっと選択すれば写真全部に署名が入ります。めっちゃ簡単。

 

ただし場所を変えたり透明度を変えた署名を使いたいならそれに合わせて何種類か署名を作っておく必要があります。で、実際に入れてみた感じがこちらです。

f:id:haru_hobby:20170706154631j:plain

 写真右上に署名が書き込まれていますね。ちなみにこのアカウントは僕のツイッターのアカウントです。適当に書き込んだわけではありません。では次は署名の入れ方を説明していきます。

ライトルームでの署名の入れ方

今回僕が使ったライトルームのバージョンは5です。多分他のバージョンやCCでも同じだと思うので大丈夫だとは思うのですが、もし他バージョンでできなかった場合は別の方法を探ってみてください。

手順説明

まずライトルームを開いて署名を入れたい画像を選択します。

f:id:haru_hobby:20170706154938j:plain

開いたら次に上のメニュー欄から編集を開いて一番下にある透かしを編集をクリック。

f:id:haru_hobby:20170706155042j:plain

クリックしたら透かしを編集する画面が出てくるのでそこから透かしを編集していきます。

f:id:haru_hobby:20170706155117j:plain

まずはデフォルト画面。デフォルト画面では左下にCopyrightの文字が出ていますね。まずは文字を自分のアカウントの名前に変更して下さい。写真の下にある枠内の文字を変えれば署名の文字も変わります。

f:id:haru_hobby:20170706155209j:plain

こんな感じですね。とりあえずこれだけでも保存すれば署名は入ります。ですが場所を変えたり文字の透明度を変えたりしたいっていうようなこだわる人もいると思います。なのでここからはそういう部分の話。

f:id:haru_hobby:20170706155420j:plain

右側の枠内の不透明度という欄をいじると色が薄くなります。今回は試しに100から50に変更したのでかなり薄くなりました。他にもサイズをいじったり角度を変えたりもできますよ。はい、では次に署名の位置の話。

f:id:haru_hobby:20170706155553j:plain

右側の欄内の水平方向と垂直方向という部分をいじりました。署名が右上に移動したのがわかりますね。ですがこれだけだと左下半分の限られた位置にしか移動できないので次は基準位置を変更します。

f:id:haru_hobby:20170706155744j:plain

基準位置を左下から右上に移動したので署名も右上に移動しました。基準位置は画像内の9点から選べるので好きなポイントに移してください。では最後におまけに署名の回転について。

f:id:haru_hobby:20170706155903j:plain

基準位置の横にある矢印をクリックすると署名が回転します。あんまり使う機会はないと思いますがまあ一応。では最後に設定を保存します。右下の保存ボタンを押すと以下の画面が出てきます。

f:id:haru_hobby:20170706160030j:plain

ここでプリセット名を決めて保存します。後でいろんな画像に使いまわすならわかりやすい名前にした方が良いと思います。多分たくさん作るとごちゃごちゃになってわからなくなるので。

 

名前を決めて設定を保存したら最後に書き出しを行います。この書き出しの時に透かしの設定を行えば前もって保存した透かしの設定で署名を入力することができるわけですね。

f:id:haru_hobby:20170706160302j:plain

黒枠内の透かしの部分。この部分を使いたい透かしの名前に変更して書き出しを行いましょう。そうするとこんなかんじで署名が書かれた写真がフォルダに保存されます。f:id:haru_hobby:20170706154631j:plain

最後に

一枚一枚ペイントとかで書き込むならともかくこれだけの作業で署名ができるなら今後は入れてもいいかなーって思えますよね。正直左上、左下、右上、右下の4パターンだけ用意しておけばだいたいの写真に対応できますし。あ、縦写真も含めるなら8パターンかな。

 

でもそれでも8パターンだけです。それだけなら20分もあれば簡単に作成できてしまうので、今まで署名を入れようか迷っていた人はぜひやっちゃってください。

スポンサーリンク