はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

富士山に行くなら風穴と氷穴ははずせない観光スポットなのでぜひ行くべき

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20170621161719j:plain

 どうも。絶賛卒業旅行中のはるです。早いものでもう大学生でいられる期間もあと半月ほどとなりました。

 

今回はその卒業旅行の一部として静岡・山梨県に来ています。ところで皆さんは山梨と静岡といわれたら何を思い浮かべますか?

 

山梨ならブドウ、静岡なら浜名湖などいろいろ出てくるかもしれません。でも共通の、と言ったら?

 

もちろん富士山ですね。

 

富士山は山梨のものだ!とかいやいや静岡のものだ!などと主張のある方もいるとは思いますが、ちょうど中間にあるので僕のイメージでは共通のものって感じです。

 

では富士山の観光スポットといえばどこを思い浮かべますか?

 

富士五湖?山頂?富士ミルクランド?それともカチカチ山ロープウェイでしょうか。

 

いろんな観光スポットが富士山周辺にはあるわけですが僕としてはぜひ富岳風穴鳴沢氷穴をおすすめしたいです。

富岳風穴

富士山には自殺や行方不明で有名な青木ヶ原樹海がありますよね?

 

その青木ヶ原樹海のすぐ横に富岳風穴はあります。とはいっても別に樹海の中に入り込むわけではないので安心して下さい。

 

入口は道の駅に併設されています。

 

道の駅のショップの横の道を進むと入口が。

f:id:haru_hobby:20170621161738j:plain

こちらで入場券を購入します。料金は350円です。

 

これは風穴も氷穴も同じ料金ですが、氷穴の入場券と風穴の入場券を合わせて購入しておくと600円で購入することが出来ます。

 

ヘルメットをかぶって風穴へと進みます。

f:id:haru_hobby:20170621161753j:plain

中を降りていくとちょこっと狭いところがあるので頭を打たないように注意が必要です。

 

それと地面が湿っていて滑りやすくなっているのでこちらも注意が必要です。

 

できるなら運動用のスニーカーなど歩きやすくて滑りにくいタイプの靴が良いでしょう。

 

中に入ると美しい氷柱が目の前に飛び込んできます。

f:id:haru_hobby:20170621161803j:plain

これが350円で見られるなら払うだけの価値はあります。ちなみにこの氷柱は富士山の地下水が洞穴内で冷やされて形成されたものらしいですよ。

 

入口の氷柱を過ぎて先に進むといろいろな氷が出てきて説明があるのですが最奥部まで進むと蚕の養殖機があります。

 

どうやら昔はこの風穴内部を天然の冷蔵庫としいて使用し、蚕の養殖が行われていたようです。

 

蚕の卵は温かくなり始める春頃に孵化するようで、この天然の冷蔵庫を利用して気温調整を行い孵化の時期を調整することによって絹の生産性を高めていたそうです。

 

昔の人の工夫はすごいですね。

 

以下、風穴の写真です。

f:id:haru_hobby:20170621161824j:plain

f:id:haru_hobby:20170621161827j:plain

鳴沢氷穴

鳴沢氷穴富岳風穴から車で10分くらいで行くことができます。こちらは道の駅といった感じでもなく、ショップと入口が併設された施設です。

 

こちらは風穴であらかじめ買っておいた入場券を使って入場します。

 

風穴はそこまで狭くはなかったのですが、こちらの氷穴はかなり狭い部分があるので注意が必要です。

 

それと風穴は横穴だったのに対して氷穴は縦穴です。風穴は少し階段を下りてしまえばあとは段差が少ない穴だったので危険は少ないのですが、氷穴は基本的に階段や坂を上り下りすることになります。

 

つまり氷穴は最下層のみが平坦な地形となっているのです。おまけに途中は風穴に比べてかなり狭い部分があるので注意が必要です。

 

もちろん風穴同様に滑りやすいので注意して進むことをおすすめします。

 

この氷穴ですが江の島伝説といって神奈川の江の島の洞穴まで続いているという言い伝えがあるそうです。

 

絶対ウソだと思いますがこういう話って面白いですよね。

 

以下氷穴の写真です。

f:id:haru_hobby:20170621161856j:plain

f:id:haru_hobby:20170621161901j:plain

f:id:haru_hobby:20170621161906j:plain

富岳風穴鳴沢氷穴の違い

 氷穴の話でも出てきたように2つの穴の大きな違いは氷穴は縦穴、風穴は横穴であるということです。

 

両方とも見た感じの違いではあまり違うようには見えませんでしたが、これらの穴はそもそも形成のされ方が違います。

風穴の形成

横穴である風穴は火山の噴火によって流れてきた溶岩の上部が先に固まり、下部の溶岩だけがそのまま流れることによって形成されます。

 

この時溶岩の上部と下部との間にできた隙間が固まったものが横穴式の洞穴、つまりこの富岳風穴なのです。

氷穴の形成

 風穴が横穴なのに対して氷穴は縦穴です。こちらは火山の噴火で流れてきた溶岩に大きな木などが飲み込まれ、溶岩が徐々に冷めて収縮するときに溶岩内部のガスや溶岩が噴き出すことで残る穴です。 

スタンプラリー

富岳風穴の入口で富岳風穴鳴沢氷穴、ショップの3つを回るスタンプラリー用の用紙 をもらいました。(たぶん鳴沢氷穴ももらえると思います)

 

この3つをまわることで景品がもらえるので氷穴風穴を訪れる際はぜひ回ってみてください。

 

ちなみにショップでスタンプを押してもらうためには商品を購入する必要があります。

 

せっかくなのでスタンプを押してもらうついでにお土産も買っていきましょう。

富岳風穴鳴沢氷穴の豆知識

風穴・氷穴の中にある氷はすべて天然ものなのか?

穴の内部にあるのはすべてが天然ものというわけではないようです。

 

昔は天然の氷だったそうですが、温暖化や少雨、人の出入りの増加で以前ほど天然の氷を作ることができなくなったそうです。

 

なので人口の氷を一部混ぜて文化を再現しているとのことでした。

なんで洞窟は寒いのか

風穴・氷穴の周辺は樹海に覆われていて太陽光が届きにくいことや分厚くて層になっている溶岩のおかげで気温が上がらないらしい。

 

ちなみに流れている水も地下水であるため温度は低いので凍りやすいようです。

 最後に

僕は大きくなってから富士山に来るのは今回が初めてだったのですが楽しいですね。

観光地はたくさんあるしきれいな風景もたくさんあります。本当に良い場所でした。

 

個人的には富士山周辺で鳥見もしたかったのですが、それはまた次回にします。

 

ところでなんと富士山周辺は日本三大探鳥地の一つだそうです。これは期待ができそうです。ちなみに残りの二つは軽井沢と奥日光だそうです。

 

せっかくだったので野鳥のポストカードを購入して帰ることにしました。