読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

鹿児島市名山堀にある三街区ギャラリーの2L版写真展に行ってきた

写真展 写真
記事を書いた人:はる あとで読む

f:id:haru_hobby:20170213211104j:plain

 どうも。先日鹿児島市のみなと大通り周辺にある名山堀というところに行ってきました。

 

ここ結構いい雰囲気の路地でポートレートとかとればかなりいい写真が撮れそうな場所なんです。

 

鹿児島市にはここだけじゃなくほかにもあるんですがやっぱちょっと古い路地っていい雰囲気出してますよね。

 

今回はその名山堀に行ってきました!!しかし写真を撮りに行ったわけではありません。写真を提出しに行ったのです。

 

この名山掘りには三街区ギャラリーという小さなギャラリーがあって、そこで現在2L版写真展というものが行われています。

 

今回僕もその2L版写真展に参加してきました。

 

ちなみに場所はこちら(どれだけ検索しても出てこなかったのでお隣のイタリア料理店エルマリノの場所を載せました。ここまでくれば隣なので簡単にわかると思います)

2L版写真展とは?

f:id:haru_hobby:20170213210951j:plain

まずテーマは自由!!ただし公的良俗に反した写真を展示するのはNGとのことです。そのあたりはしっかり判断しましょう。

 

参加も誰でもオーケーのようです。なんだか心が広い写真展ですね。僕的にはこういうの好きです。堅苦しくないのが好きなので。

 

ルールはまず撮影した写真を2Lサイズで印刷する。このほぼルールフリーな写真店の中で唯一といっていい条件ですね。

 

サイズは2L。大事です。

 

で、三街区ギャラリーに持っていったら壁に貼り付けましょう。すでに結構な枚数の写真が貼られているので見様見真似でいいと思います。

 

僕も周りを真似してマスキングテープとピンで壁に写真を張り付けました。

 

ちなみに写真の枚数も自由だそうです。ただし自由といってもやはり常識の範囲内で張り付ける枚数を決めるべきでしょう。僕は今回3枚写真を張らせていただきました。

f:id:haru_hobby:20170213211312j:plain

f:id:haru_hobby:20170213211157j:plain

f:id:haru_hobby:20170213211229j:plain

f:id:haru_hobby:20170213211347j:plain

感想

今まで参加自由な写真展って聞いたことがなかったのでとても不思議な感じでした。自由と言いながらなんだかんだで制限があったりとかするものも多いと思うので。

 

ちなみに今回は参加は本当に自由みたいです。話自体は前から聞いていたのですが、それだけで実はオーナーの顔も知らずに写真展に参加しています。

 

でもたぶん今回2L版写真展に参加している人の多くはそんな感じなんじゃないでしょうかね。

 

口コミやSNSでの拡散だけで壁が埋まろうとしているっていうのはかなりすごいことだと思います。

 

それだけ鹿児島に写真に熱心な人が多いということですかね。僕ももっと早く知り合っておきたかったですw。

 

さて、2L版写真展は十分魅力的なんですが三街区ギャラリーには他にも写真展が並列で開催されていたり写真集が机の上に置かれていたりと見どころが沢山なわけです。

 

(その分ごちゃごちゃもしているのでそういうのが苦手な人はちょっと受け付けないギャラリーかもしれませんね。)

 

f:id:haru_hobby:20170213211524j:plain

f:id:haru_hobby:20170213211543j:plain

三街区ギャラリーについて

せっかくなので三街区ギャラリーの紹介もしてみようと思います。

 

場所は最初に載せた通りでみなと大通りの横の名山堀にあります。基本的に無人のギャラリーのようです。

 

時期によってさまざまな展示が行われているので鹿児島にいる方で写真に興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

それと写真を撮影する側の人はどうやらお手頃価格で利用させてもらえるという話を聞いたので写真展を考えている人はぜひ連絡をしてみるといいんじゃないかと思います。

 

以下三街区ギャラリーが運営しているブログから引用させていただきました。

 

鹿児島市役所向いの中心地でありながら、
今なお昭和の風情を残す街、名山堀。
かつては、「三街区」と呼ばれたそうです。

官庁、新聞社などの移転に伴い、
一時は衰退の危機もあったとのことですが、
街の風情に魅了された人々が、Barや、郷土菓子、
多国籍料理屋などオープンし、再度注目されております。

 

日本の写真黎明期、
薩摩藩藩主、島津斉彬公が、自ら写真撮影を行うなど、
写真史でも重要な位置づけにある鹿児島。

再度ここから!!という気負いは無くww、
気軽に楽しんで頂ければと思います。

一階は狭いながら、非日常のホワイトキューブを設けました。
ここでは、鹿児島在住の作家のみならず、
他県の作家の展示も(ご縁がありましたら、、、)予定しています。

そして二階には稀少価値の高い写真集(閲覧のみ)を多数揃えました。
最近の出版物はもちろん、絶版、海外出版物など、
なかなか閲覧することのできない写真集がお待ちしております。

写真だけでなく、デザイン、アートにご興味のある方は、ぜひご連絡ください。

当ギャラリーは、現役の鹿児島在住カメラマン二名が、
運営しております。
ですので、常時在廊しておりません。

 

引用元:三街区ギャラリー

 

 三街区ギャラリーでの展示予定はこちらから

 

 

 

2L版写真展、2月一杯くらいの期間でやってるみたいなのでぜひ見に来てください。

 

一度来た人も次来るときにはきっと写真が増えているはずなので、もう一度足を運んでみても楽しいと思いますよ。