読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

コスプレ撮影に使える!100均の道具を使って色の付いた背景をつくるためのライティング方法

f:id:haru_hobby:20170202210027j:plain

 どうも写真撮影が趣味のはるです。

 

今回は写真撮影の背景の話になります。例えばなんですけど、写真が趣味じゃなくても証明写真やモデルの撮影とかで使われてるような白い背景や黒い背景を見たことがあるって人は多いと思います。

 

ですがたまに出てくる青い背景や赤い背景の写真はどうやっているか見たことがない人も多いんじゃないでしょうか?

 

写真に使うとけっこう印象的にできるのでお勧めな背景なんですけどね。

 

で、使い道として物撮りやポートレート、特にコスプレ撮影なんかではいい感じのアクセントにも使えるこの色のついた背景ですが実はこれ、背景用の白布+100均で買える道具で再現することができます。

 

ちなみに今回の方法を再現するためにはカメラから離してストロボを使える道具が必要です。

 

方法は何でも構いません。ラジオスレーブを使っても、シンクロコードを使ってもそのほかなんでもokです。

 

ちなみに僕はyongnuoのラジオスレーブをビビりながら使っていますが技適に通っていない商品なので使う際は自己責任でお願いします。

 

hobby-diary.hatenablog.com

 

準備する道具

まずはカメラとレンズが必要です。それとオフカメラで使えるようにしたストロボ、背景に使う用の白布ですね。

 

黒布ではあまり効果が出ないので白布推奨です。もしかしたら面白い雰囲気の写真ができるかもしれませんが、今回は白布を使う前提で進めさせていただきます。

 

あとは人にストロボを持ってもらうならいいのですが、アシスタントになってくれる人がいないならストロボを固定するための三脚やスタンドが必要ですね。

 

とりあえず1灯あれば色付き背景はできますがライティングにこだわりたい人はストロボの台数分だけ必要になります。

 

そして今回のメインを飾るカラーセロハンです。ダイソーで買いました。6色入りで100円です。

 

f:id:haru_hobby:20170203051708j:plain

これを何回か折りたたんでストロボの頭を包んでください。最後に輪ゴムで縛って終わりです。

 

こんな感じ。発光面はできるだけぐしゃぐしゃにしない方がいいかもです。

f:id:haru_hobby:20170203051704j:plain

 

これで光らせるとなんとストロボの色がカラーセロハンの色に応じて変わります。

 

、、、実際こういう用途に使う専用のカラーフィルターなんかも販売されていたりはするんですが微妙に高いですし、ストロボによってははまらないなんてこともあります。

特に僕みたいに3、4000円くらいの激安ストロボを使ってる人ならこっちの方法のほうがいいと思います。

撮影実践

さて実践です。普通に撮影するみたいな感じで白布を背景に被写体を移動させてください。ちなみに今回の例ではマネキンを使います。

 

被写体にピントを合わせてシャッターを切るだけですが、カラーセロハンを巻いたストロボは被写体に向けずに背景に向けるように調整してください。

 

で、だいたいこんな感じです。

 

 

f:id:haru_hobby:20170202205632j:plain

f:id:haru_hobby:20170202205631j:plain

f:id:haru_hobby:20170202205633j:plain

f:id:haru_hobby:20170202205634j:plain

 

個人的には色を使って布の後ろからストロボを焚くときれいで印象的な写真に仕上がると思います。

 

残念ながらそんな感じの写真は撮り忘れてしまいましたがこれ↓の色が付いたバージョンですね。

 

f:id:haru_hobby:20170202210351j:plain

今回載せたのは軽い例ですがやってみると楽しいと思うのでぜひ一度試してみてください。ライティングの練習にもなりますし。

 

もし本格的に使うなら違う色のカラーセロハンを巻いたストロボを二灯以上用意すれば撮影の幅が広がるかもしれません。

 

それとカラーセロハンですが何回折ってストロボの発光部に当てるかで光の色の濃さが変わります。何度も折れば濃い色の光に、折らずにそのまま当てれば薄い色の光になります。

最後に

この手の撮影方法って飛び道具的なもので、普通の撮影で多用すると似たような写真ばかりになってしまいます。

 

なのでしっかりと使う目的を持って撮影するのがいいんじゃないかなと個人的には思います。

 

それこそキャラクターのイメージカラーの再現なんかは最適なんじゃないでしょうか。僕の知識が追いつく範囲でかつ最近ので思い浮かぶのは黒子のバスケぐらいですが...。

 

...古いでしょうか。すみません。