はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

宿泊費を抑えるために関西空港に空港泊した時の話

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20170621213806j:plain

空港泊ってしたことありますか?文字通り空港に泊ることです。僕も半年くらい前に初めて関西空港でやりました。

 

ピーチで石垣島に旅行する予定を立てたのですが、予約した便は早朝便。つまり大阪市街地から行こうと思うと電車やバスの始発で乗っても間に合わないのです。

 

なので空港泊。しかも一回だけじゃありません。本当は石垣島に行く前に一回だけのつもりだったのですが、帰ってくるときに関西空港から鹿児島空港までの飛行機が台風の影響で運航中止になり、仕方なくもう一泊空港に泊りました。

 

一度の旅行で二度の空港泊、しかも2回目は予定しないものだったのでちょっとメンタルに来ましたね。今回はそんな関西空港での空港泊について書いていこうと思います。

なんで関西空港で空港泊をしたのか

ぶっちゃけるとお金を節約するためです。それ以上のことはありません。

 LCCの第一便に乗りたければ空港泊するっきゃない

宿泊費を抑えたいという気持ちもありましたが、一番の理由は飛行機の第一便に乗るためです。

 

石垣島に行くために利用したLCCのピーチは、予約が少なく不人気な順に値段が安くなっているので早朝便が一番安いのです。つまり安く済ませたいなら早朝便狙いがベスト。

 

ですが早朝便を利用しようと思うと、関西空港に一番近い街である泉佐野ですら間に合うか微妙な距離にあるのです。出発時間までに受付を通って荷物検査まで済ませないといけませんからね。

 

かなり早い時間に関西空港の第二ターミナルまでくる必要があるんです。そういうわけなので確実に早朝便に乗るために空港泊をしました。

 

おかげで宿泊費も浮いたし、飛行機代も安く済んだので言うことはないでしょう。空港泊をした価値はあったと思います。強いて言うなら体はちょっと痛くなりますが。

 関西空港で空港泊するならどこ?

最初は快適そうな場所を求めてふらふらしていましたが、ネットの情報によるとエアロプラザの2階に待合室があって、空港泊するならここがおすすめと書いてありました。

f:id:haru_hobby:20170916011147j:plain

f:id:haru_hobby:20170916011333j:plain

待合室の場所は16番の場所ですね。

 

7月なので夜でもかなり熱く、もう冷房が効いてればどこでもいい...くらいに思っていたのですが着いてみるといい感じ。とりあえずクーラーとコンセント、フリーwifiはあります。

 

ソファで寝ることになるのが唯一人によってはつらいかなとは思います。僕はそういうところ全然気にしないタイプなのでいいんですけどね。

 

宿泊費の節約のためだけだったらたぶん空港泊はしませんが、早朝便を予約することによる節約もあります。2重で節約になるんだったら空港泊くらいやってやるぜくらいの覚悟だったんですが、意外と快適でびっくりです。

 

ただ僕は結構鈍感な人間なので、周りでほかの人がガヤガヤしていても部屋が明るくても全然眠ることができるタイプです。なのでそういうのが苦手な人は空港泊やめておいた方が良いんじゃないかなと思います。たぶん相当なストレスになると思いますし。

関西空港での空港泊:待合所設備

さっきも書いたと通り、コンセントとフリーwifiはあるので暇つぶしに困ることはありません。ありがたいですね。

 

ただし、コンセントの争奪戦は人が増えてくるとかなり厳しくなるので、できる限り早く確保しておくことがおすすめです。たこ足で増やしてくれていてもその分利用者も多いですからね。

 

コンセントで充電しながらスマホを触りたいって人はコンセントに近いソファを確保する必要があるのでもっと競争は厳しいです。

 

コンセント近くのソファからみんな座っていくので、かなり早く席を確保しなければなりません。

関西空港での空港泊のアドバイス

関西空港で空港泊をするなら毛布を借りよう

実は今紹介しているエアロプラザ二階の待合室では申請すれば毛布を借りることができます。ただし数に限りがあるので受付を開始したら早めに並んで確保しましょう。確か10時か11時くらいから毛布の受付スタートだったと思います。多分。

 

受付の時にフライトの情報を聞かれるので、チケットや予約画面をあらかじめ出しておくと受付がスムーズに進められます。まさかクーラーの効いた部屋で毛布をかぶって寝られるなんて思ってなかったので思わぬ収穫でした。

耳栓、アイマスクを準備すればより快適に関西空港で空港泊ができる

待合室は深夜になっても電気は消えません。明るいままですし、人がたくさんいますからガヤガヤしてはいます。

 

繊細な人はきっと普通にしてると眠れないはず。この部分はもう一度空港泊のデメリットの所でも書きます。

 

その対策として耳栓、アイマスクを準備しておくと快適な空港泊に近づくかもしれません。耳栓をしていたせいでアラームに気づかずに飛行機に乗り損ねたなんてことになったら笑えませんけどね。そこは注意してください。

関西空港の空港泊での夜の飲食

この辺りはそんなに心配しなくても大丈夫です。エアロプラザ内に24時間営業のローソンと松屋がありますので。

 

ローソンは2階の待合室を出てすぐのところに、松屋は3階にあります。もしかしたら買い物や食事に出てる間にソファの席が取られてる可能性もありますから、周りの状況を見ていくのがおすすめです。

関西空港での空港泊のメリット

空港泊をすればお金を節約できる

空港泊をする目的はこれです。別に空港泊をやってみたかったなんてことはありません。お金があれば空港内のホテルにでも泊まってるんじゃないですかね。

 

ですが空港泊をすれば宿泊費だけでなく、時間的に厳しくなりがちな飛行機の早朝便を使えることで、飛行機代も節約できます。特にLCCは不人気な時間の便は安くなりますからね。

 

体力やストレスと引き換えにはなりますが費用対効果は悪くない、どころかかなりいい感じだと思います。

関西空港での空港泊のデメリット

空港泊では人によっては安眠できない

繊細な人は絶対に無理かと...。かなりストレスが溜まるはずです。ソファで寝ることになりますし、周りはがやがやうるさいですし、電気はずっとつきっぱなしです。(僕は全く気になりませんでしたが)

 

家で眠るのとはかなり環境も違いますし、自分には無理だと思ったらやらないことをお勧めします。心配な人は耳栓とアイマスク推奨です。

空港泊では個人スペースが無いので荷物が盗難にあう可能性がある

これは注意です。荷物は基本的に自分の近くに置いて寝ることになります。ですが近くにおいてるだけでロックがあったりチェーンで繋いでるなんてこともありません。

 

寝ている間に物を取られていても文句は言えない環境なので自分で守る必要があります。がっちり足で荷物を抱えておくとかね。

 

僕は大丈夫でしたが周りは外国人の方とかも結構いますし、盗難にはきっちり気をつけておくべきだと思います。どうしても不安ならロッカーに荷物を預けてしまうのも手かもしれません。

おまけ:夜の関西空港ってどんな感じ?

夜の空港ってあんまり想像がつかないかと思いますが、普段の人がいっぱいいる空港を見ていると違和感がかなりあります。

 

夜の大学とかに似てるかもしれません。まぁ、大学4年生になったらそんなものいくらでも経験するんですけどね。

f:id:haru_hobby:20170621213843j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213850j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213853j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213857j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213901j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213904j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213908j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213914j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213921j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213925j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213931j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213934j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213938j:plain

f:id:haru_hobby:20170621213942j:plain

関西空港での空港泊を終えて

関西空港で空港泊をするならぜひエアロプラザ2階の待合室を利用するべきだと僕は思います。

 

ここで寝る前にいい場所はないかなーって空港内をかなり探し回りましたが、たぶん無料ならここがベストです。っていうかここ以外冷房が効いてなかったので。

 

有料でいいならエアロプラザのお土産コーナーの近くに仮眠室があるのでそっちを使うのもいいと思いますが、仮眠室と待合室でどれくらいのクオリティーの差が出るのかはわかりません。

 

お金を払うほどの差があるのか際どいところですね。もちろん安全という意味では価値があるとは思いますけどね。

 

というわけで、これで関西国際空港での空港泊に関する話は終わりです。無理せずに空港泊ライフを満喫してくださいねー。