はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

使わないカメラ機材を高く売り払うにはどうすればいいかまとめてみた

f:id:haru_hobby:20170621214532j:plain

 レンズやカメラを購入してみたもののいまいち自分の撮影では使うシーンが少ないことってありますよね。

 

買ってから後悔した経験のある人も多いと思いますし、そんな機材をどうもせずに防湿庫の肥やしにしている人も多いでしょう。

 

個人的には使わないカメラやレンズを防湿庫の肥やしにしてしまうくらいなら売り払ってお金に換えてしまった方がよっぽどマシだと思っています。

 

そのお金で別のレンズやカメラを買うこともできますからね。

 

今回はそんな時にどれだけ高く売り払うかということについて書いていきます。

 

 まず前提として実はカメラ機材は比較的値下がりしにくいものだということを覚えておいてください。

 

特にレンズに関してはうまくやれば購入と販売で値崩れは少な目で済みます。レンズは資産だから!とよく言われる理由ですね。

 

 逆にデジタル化が進んでボディ本体はどんどん値崩れがしやすくなってきていますが。

 

さて、いくら値崩れしにくいからと言って適当な売り方をしてしまうと安く買いたたかれてしまいます。

 

そんなのって悔しいですよね。せっかくもっと高く売れるはずのものをちょっとのやり方を知らないだけで損してしまうなんて。

写真機材を売り払う手段

写真機材を売り払う手段にはメジャーな手段で2種類あります。

 

一つは中古カメラ屋さんに引き取ってもらう方法、もう一つはヤフオクで売り払う方法です。

 

他にも漫画倉庫みたいにいろんな中古を扱っている店に出す手段もあるにはありますが絶対にお勧めはしません。

 

今回は中古カメラ屋さんに引き取ってもらう方法とヤフオクで売り払う方法の二つを見ていきます。

中古カメラ屋

安心安定の中古屋さんです。この分野の大手でカメラのキタムラやマップカメラあたりですね。

 

 無料で見積もりもしてくれるので気に入らなければ売らないという選択もできます。

 

 そして売りたい機材を店にもっていくだけなので手続きも簡単です。

 

反面、売る側と新しくカメラを買う側の間に中古屋が入るので当然機材を売った側に入るお金も少なくなります。

 

手間が少ない代わりに中間でお金を抜かれるということになります。もちろんそんな法外にお金を抜かれるわけではなく適正価格の範囲ではありますけどね。

 

とにかく多少安くても手間をかけたくないって人は中古カメラ屋さんがおすすめです。

オークション

機材販売の本命です。個人的には写真機材を売り払うならオークションが一番おすすめだと思っています。

 

いろいろオークションの種類はあるみたいですが、ぼくは一番メジャーということでヤフオクばかりを使用しています。

 

 オークションのメリットはなんといっても高く売ることができるところです。

 

 中古屋のように売る側と買う側に中間が入らないので落札額がほとんど売る側に入ります。

 

ただし商品の撮影や落札者との取引、商品の発送など手間のかかることをすべて自分でやらないといけません。

 

手間はかかってもできるだけ高く売りたいという方にはお勧めです。

 

オークションを使うとクレームが怖いという人もいますが特に心配する必要もありません。

 

 欠陥を隠して販売したりするとクレームをつけられるのでやめた方がよいですが、常識的な範囲で販売していればクレームをつけられることはまずありませんからね。

 

ちなみに中古を販売する時はオークションで売るのがお勧めですが、もし中古を買う側になるならヤフオクはお勧めしません。

 

中古を購入したときには保証が付かないからです。

 

もし中古の写真機材を購入するならオークション相場より高くても大手の中古屋で購入するのをお勧めします。

オークションでカメラを高く売り払う方法

オークションでできるだけカメラ機材を高く売り払うには

  • 1、本体を綺麗にする
  • 2、撮影に気を遣う
  • 3、文章の改善
  • 4、メーカーで点検してもらう

以上をやればおそらく相場よりは高く買い取ってもらうことができるでしょう。

 

面倒なら4は省いてもかまいませんが。

本体を綺麗にする

当たり前といえば当たり前ですが、売りたい機材本体をきれいにしてください。

 

本当は使用中や保管中に気を付けておくべきなのですが、そうもいかないことが多いはず。

 

ですのでとりあえず商品写真を撮影する前に綺麗に拭いてください。

 

もし埃などがかぶっていると写真の見栄えが悪くなりますから。

撮影に気を遣う

商品写真を撮影するときにはほとんどの人が家の中で撮影を行うと思います。

 

ですが、この商品写真を適当なフローリングの上や散らばった机の上で撮影しようと考えていませんか?

 

それでは見栄えが悪くなってしまうので簡易な物撮りスタジオを作りましょう。 やろうと思えばコピー用紙と現像ソフトだけでもできるので。

文章の改善

商品本文にスペックや購入した時期配送方法だけしか書かない人も多いと思います。

 

しかしこれでは味気がない。

 

この機材はどんな機材で、どういうシチュエーションで使いやすかったか、どういうところが良かったか、などなど機材に関することをとにかくいろいろと書き込んでみましょう。

 

実際に僕は味気ない文章からこのような文章に変更してから商品をウォッチリストに入れてもらえる確率がかなり上がりました。

点検

特にニコンユーザーで純正の機材を使っている方なのですが、ニコンはサービスセンターで機材の無料点検を行ってくれます。

 

ですので点検をしてからその証明を添えて販売すればより信頼できるとみなされて高値で販売できる可能性が上がります。

 

オークションは中古屋より安く購入できますがその分保証などもなく信頼性がないという部分で敬遠される部分があります。

 

なのでこの機材は安心ですよという証明をつければ入札率もより高くなるわけですね。

まとめ 

おすすめの方法は中古屋で売りたい機材の見積もりを出してもらってその値段をもとにオークションで出品する方法です。

 

これなら万が一オークションで落札されなくても最低限その価格では買い取ってもらえるので一番損をしない方法かな、と。

 

めんどくさいって人は中古屋で手早く買い取ってもらうのがいいのかもしれないですけどね。

 

時は金なりといいますし、手間をかける分の時間をお金で減らしていると考えればそんなに悪い話でもないと思います。

 

一番いいのはそもそも使わなくなるような機材を買わないことだと思うのですがやっぱり難しいですよねー。

スポンサーリンク