はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

今年は酉年ということで撮りためた野鳥の画像を見てください

f:id:haru_hobby:20170621164027j:plain

 あけましておめでとうございます。

 

2016年もあっという間でしたね。昨年も僕は鳥ばかり見て撮っていました。楽しい一年間だったと思います。

 

さて、今年2017年は酉年。字は難しいですがようするに鳥の年です。酉年に野鳥の写真展をするなんてなんだか素敵じゃないですか?そうでもないですかね?

 

とにかく今回は野鳥写真展の前にある程度まで撮りためて、かつ写真展に展示されないであろう写真たちをブログの記事という形で見てもらおうという趣向です。

 

一部野鳥写真展に展示される写真も混ぜますけどね。とにかく今回は僕の3年間の野鳥撮影の集大成の一部ということでぜひ見ていってください。

 

偉そうに写真のことを語ってるくせにこの程度かよwwwとかでも構いませんのでよかったらコメントを残していってもらえると嬉しいです。では始めます。

3年間で撮りためた野鳥写真

ツツドリ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164129j:plain

カッコウの仲間は難しいですね。さえずりさえ聴ければ簡単にわかる種が多いのですが、秋の渡りではさえずりも聞けませんから判別がしづらいです。

 

とはいえカッコウ科の声はどいつも独特なのでわかりやすい。ホトトギスとか有名ですよね。鳴き声が特許許可局って言ってるように聞こえって話で。

カワセミ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164154j:plain

みんな大好きカワセミです。清流に住んでるっていうイメージと見た目のキレイさから知名度や人気は鳥の中でもトップクラス。...なんですが、別に清流とかでなくても公園の池とかにもいたりします。

 

人気の鳥なだけあって、写真の被写体としても人気が高いです。飛び込みの写真とかいっぱいネットに出回ってますよね。

 

ところがよく見かけるカワセミの飛び込み写真の大概はやらせです。そんなタイミングよく飛び込みの瞬間なんて撮れるわけないじゃないですか!!そうでもしなければみんな揃ってあんなに綺麗な写真なんか撮れません。

 

方法は...良く知りませんが、カワセミの止まり木を準備して、その近くの水中に魚を泳がせたザルを仕込んでおくとかいろいろあるみたいですよ。 

 

で、実際やらせなしで普通に撮ろうと思うと、せいぜいこの写真くらいの距離が限界だと思います。もしかしたら都会は人慣れしていて近くまで寄れるって可能性もありますけども。

マナヅル 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164207j:plain

鹿児島県出水市の鶴は割と有名です。冬場は1万を軽く超える鶴たちが干拓周辺に集まります。鹿児島に来たらこれを見ないわけには行きません。まぁ、一度見れば十分ですけどね。

ヘラサギ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164221j:plain

他の地方ではかなり珍しい鳥ですが九州では比較的見やすいヘラサギです。くちばしがへら状になっているユニークな鳥です。似たような嘴を持つ鳥にヘラシギがいますが、こいつはヘラサギよりももっと観察が難しい鳥です。

 

仲間にクロツラヘラサギという鳥もいるのですがそっちは世界的にも希少種です。鹿児島では探せば2種とも普通に見られます。

コチドリ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164251j:plain

なんだか首を傾げているようでかわいいコチドリです。アイリングが取ってつけたようでそこも可愛いですね。この写真は実は今の機材に移行する前、だいたい僕が野鳥撮影を始めて半年くらいの時に撮影した写真です。

 

当時使っていた機材はマニュアル設定、かつマニュアルフォーカスのものでした。機種はpentax k-5、それにマウントアダプターを装着してmamiya645 500mm f5.6をくっつけるという無茶苦茶仕様です。

コシャクシギ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164305j:plain

この鳥はかなり珍しい鳥でバードウォッチャーでも見たことがないという人は多いはず。見るためにはちょっとの運と根気が必要です。

 

〇シャクシギという名前の鳥は日本でも数種記録されているのですが、その中ではかなり観察が難しい種なんですよね。場所はトカラ列島の平島です。

 

自分で言うのもなんですが、背景奇麗じゃないですか?これ実はただのグラウンドなんですよね。写真にしてしまうと意外とこういう場所も奇麗な背景になったりするんです。

アカヒゲ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164321j:plain

コマドリという鳥を知ってるって人は多いと思います。ですがアカヒゲという鳥を知らない人は多いのでは?DNA的にはかなりコマドリに近い鳥で外見もそっくりだったりします。

 

世界的に珍しい鳥で日本固有種です。しかも生息している場所が奄美大島やトカラ列島、沖縄県の島などのアクセスが比較的難しいところに住んでいるので知名度が低いのは仕方ないのかも?

アカヒゲ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164334j:plain

さっきのはアカヒゲの雌でしたが、こちらはアカヒゲの雄。顔から喉にかけての黒部分が目立ちますね。アカヒゲの由来はこの黒い部分なのかな?と思うかもしれませんが、実は名前の由来はそこではないらしいです。

 

ちなみにヨーロッパに生息するヨーロッパコマドリとは、姿や色が似ていますがDNA的にはかなり離れているみたいです。

キジ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164346j:plain

国鳥ですね。ケーンケーンと大きな声で鳴きます。桃太郎に出てくるくらい日本に馴染みのある鳥ですが、声無しで意外と探すのは難しい。

 

キジも鳴かずば撃たれまいっていうのはそういうところから来てるんでしょうね。食べるとおいしいらしいですよ。ジビエ料理とかで一度食べてみたくはあります。

 

雄はこんな風に派手な模様をしていますが、メスは全身茶色っぽくてとっても地味です。...そういえば僕キジのメスを野生で見たことがないような気がします。

キビタキ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164357j:plain

綺麗な色合いが人気の夏鳥です。日本では夏に繁殖のためにやってきて、冬は日本より南の地域で越冬するため見られなくなります。

 

春の渡りではかなり観察しやすいのですが、秋の渡りではそんなに見かけません。タイミングが悪いんでしょうか?

 

本州では夏に繁殖している地域で観察する方が楽ですが、鹿児島だと意外といい観察地が無かったので渡りの時期に見かけるイメージが強い鳥でした。

ルリビタキ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164409j:plain

ルリビタキです。たぶん若い雄だと思うんですが微妙。成長の雄は美しい青色をしているんですが、若い雄や雌はみんなこの写真のような見た目をしています。

 

キレイな成長雄の姿になるには数シーズン換羽を繰り返さないといけないようで、意外と青いルリビタキは貴重です。見られたらまさに幸せの青い鳥かも。

 

で、実は渡りの時期の島でルリビタキの雄の青い個体に出会うことってかなり少ないです。理由はわかりません。でもだいたいがこんな風に雌なのか、若い雄なのか判断しづらい個体です。

チュウサギ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164418j:plain

これを見てシラサギって思いましたか?そうですね。白いサギなのでシラサギです。ですが実はシラサギという名前の鳥はいません。

 

一般的に見られる白いサギをまとめてシラサギと言ってるだけで、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギ、クロサギのような名前が付いています。クロサギなのにシラサギとは詐欺じゃんと思いますが、そこは気にしない方向で。

 

この写真はチュウサギですね。よく似たダイサギとの識別ポイントは目の下の黄色い部分が目の端を超えていないことです。この子は超えていませんよね?

イワミセキレイ 宮崎県にて

f:id:haru_hobby:20170621164427j:plain

ド珍鳥です。ここ数年は宮崎で越冬していましたが今年はどうなんでしょうかね。今後も見られるといいのですが。

 

それはさておきこの鳥は、他のセキレイ達と違って尾を横に振るのが特徴です。ゆらゆらと左右に尻尾を振る仕草は一度は見ておきたいところです。どうでもいいですが昔セキレイってマンガありましたよね。

マナヅル 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164444j:plain

またまたマナヅルの家族です。ですが撮影場所は出水ではありません。鶴と言われると北海道の次に鹿児島の出水が来るくらいに有名な場所ではありますが、実は出水にしか鶴が来ないわけではありません。

 

鹿児島の他の地域でも少しだけいたりしますし、長崎県とかでも定期的にみられています。もちろん数は出水の比較にはなりませんけども。

 カワラヒワ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164505j:plain

成鳥はもっと黄色いのですがこの個体はなんだか黒っぽいですね。若い個体でしょうか。

 

鳥の幼鳥はぱっと見ではなんの種かわからないものも多いですが、こいつは比較的わかりやすかったかも。なんだか植物の中から生えてきているみたいで可愛いです。

ナベヅル 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164515j:plain

出水に来る鶴は1万羽以上がこのナベヅルです。だいたい8割がナベヅルで、残りの2割がマナヅル、20羽以下ですがカナダヅルやクロヅルが混じります。

 

シーズンによってはアネハヅルやソデグロヅルも混じるみたいですが、僕は見たことありません。いつかは見てみたいです。

 

なんだかカメラを向けていることに対して怒っているみたいですね。勝手に撮ってごめんなさい。

 コホオアカ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164524j:plain

スズメよりも小さい鳥で渡りの時期に離島で見かけやすいです。でも渡り時期の離島でなければあまり見かけません。冬の干拓地とかをよく探せば越冬している個体もいるみたいなんですけどね。

 

タイミングによってはわらわら居たりしますが、外すと一匹も見当たらない状況になります。渡りの離島は運試し、怖いところです。

ホウロクシギ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164534j:plain

コシャクシギと同じ〇シャクシギ系の鳥です。嘴がとっても長くて曲がっている鳥です。この長い嘴を砂浜の中のカニが住んでいる穴に突っ込んで捕食します。

 

砂の壁に刺さると折れそうな見た目をしてますが、強度的に大丈夫なんですかね?今度の写真展ではカニを捕食している写真を展示するのでぜひ見に来てください。

アカショウビン 沖縄県にて

f:id:haru_hobby:20170621164543j:plain

石垣島で撮影しました。本州で見られるアカショウビンとは亜種が違って、リュウキュウアカショウビンと言われる鳥です。

 

全体的に紫がかかった赤色をしていて繁殖期にはキョロロロロという声で鳴きます。ガンダムの効果音に出てきそうな声で鳴くので聴けば一発でわかります。

ミソサザイ 宮崎県にて

f:id:haru_hobby:20170621164551j:plain

日本に生息する鳥で最小クラスの鳥です。ですがそのサイズのわりに大きな声で鳴く鳥なのでどこにいるか探すのに苦労することは少ないです。この時はかなり暗い環境だったのでいっそのことシルエットのようにしてしまえばよかったですかね。

カンムリワシ 沖縄県にて

f:id:haru_hobby:20170621164603j:plain

石垣島旅行の目的のうちの一匹です。国でも天然記念物に指定されていますね。夏場よりも冬場の方が観察しやすいようです。見に行く方はぜひ冬に見に行ってください。この写真は年賀状っぽくするつもりで加工していたんですが、途中で飽きてしまったので断念しました。

リュウキュウコノハズク 沖縄県にて

f:id:haru_hobby:20170621164614j:plain

石垣島の目的二号。実はかなり限られた範囲にしか生息していないローカルな鳥です。

 

これは自然公園の休憩所の屋根の隅で寝ているところを撮影しました。寝顔もとてもかわいいです。この写真は目を閉じていますが、ちゃんと目を開けている個体も観察・撮影していますよ。

ユリカモメ 熊本県にて

f:id:haru_hobby:20170621164624j:plain

島原と熊本をつなぐフェリーがあるのですがそこではユリカモメがデッキの上から観察できます。

 

周りの人がみんなえびせんをあげているのに自分だけカメラを構えているのはなんとも恥ずかしいですが、人を撮りつつユリカモメも撮影しました。航路ではカツオドリやオオミズナギドリを観察できることもあります。

ナベヅル・マナヅル 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164635j:plain

1羽~4羽くらいで写真に映していた鶴ですが、実は場所によってはこんな感じでわらわらいます。

 

日本でこれだけの密度の鶴が見られるのは鹿児島県の出水市だけなので機会があればぜひ観光に来てください。時期は冬です。冬以外は見ることができないので注意してくださいね。

カワガラス 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164648j:plain

地味ですが可愛い鳥です。この鳥の特徴はカモでもないのに潜水を行うことです。潜って餌になる魚を捉えるのです。潜水ができるということは小さい体ですが意外とスタミナもあるのかもしれませんね。

ツグミ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164656j:plain

一般的な冬鳥ですね。姿を意識してみたことがない人でも名前くらいは聞いたことがある人が多いと思います。

 

他の冬鳥に比べて渡ってくるのが遅めなので大陸から徒歩で渡ってきているという冗談をいわれることもあります。

ゴジュウカラ 宮崎県にて

f:id:haru_hobby:20170621164820j:plain

僕のお気に入りの鳥です。この鳥は木の枝や幹を走り回るのが特徴でよく逆さに立っているように見える写真も見かけます。他にシジュウカラという鳥もいますが何の関係もありません。四十と五十ではやはり別物なのでしょうか。

スズメ・ニュウナイスズメ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164841j:plain

全部普通のスズメに見えたでしょうか?残念はずれです。実は左下の一匹はニュウナイスズメという鳥です。ほっぺの黒い点が無いのが特徴です。普段はニュウナイスズメだけで群れを作っていることが多いのですが珍しく一緒にいました。

 チョウゲンボウ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164854j:plain

この鳥はチョウゲンボウという小型の猛禽類です。よくホバリングするのが特徴。干拓地や畑地帯に多く、ネズミや小鳥など小型の動物を捉えて食べています。猛禽といっても小型の猛禽なのでサイズ的には鳩と同じくらいですね。

 キジ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164905j:plain

キジです。茂みに隠れていました。写真だとパッとわかるんですが、実際にフィールドで見ると全然わからない。この時もよく気づいた自分!と褒めてあげたいです。

 

この写真もpentaxのカメラで撮影したのですが、pentaxとcanonでは色が違いますね。なんだか緑の発色がcanonに比べて鮮やかに見えます。

キアシシギ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164934j:plain

お気に入りの一枚...なのですが、なにかのミスで元画像をなくしてしまいました。webに乗せるくらいしか使えないサイズのバックアップしか残っていなかったので写真展には使えません。もったいないのでブログに載せることにしました。

コサメビタキ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164945j:plain

渡りの時期に多く見られる鳥です。この鳥もキビタキと同様に繁殖地に行けば普通に見られるみたいなんですけどね。そもそも僕が夏の鳥見に行きたくないので見かける機会が少ないっていう。

 

特に特徴のある鳥でもないですが素朴な可愛さが素敵です。類似種にサメビタキとエゾビタキがいますが、特にサメビタキとの識別が難しいですね。

キマユホオジロ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621164957j:plain

珍鳥です。渡りの時期の離島以外で見ることはほとんど無いでしょう。逆に渡りの時期の離島だと見かけることはかなり多いので、普通にしてれば珍鳥、離島的には普通種って感じです。

 

この写真もトカラ列島の平島なのですが、この時はコンクリートの上にいることが多かったような気がします。数も多かったですし群れで渡ってきたばかりだったんでしょうね。

カワラヒワ 鹿児島県にて

カワラヒワです。今度のは成鳥です。かなり拡大してますが、この写真は鹿児島で大雪が降った時のものです。大学内で撮影しました。

f:id:haru_hobby:20170621165034j:plain

ムクドリ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621165046j:plain

名前はよく聞きますけどムクドリって言われて外見をパッと想像できますか?正直言うと僕はバードウォッチング始めるまで見た目を知りませんでした。街中を見ても意識してみないと意外といませんしね。

 

さて、この写真も大雪の鹿児島大学内での撮影です。とても寒かった。長靴を履いてガクブルしながら撮影したのを覚えています。どうでもいいですが、側溝が谷間みたいですね。人間からすると数十センチでも鳥から見ると深く感じそうです。

ジョウビタキ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621165101j:plain

ジョウビタキのメスです。雄はもっとカラフルで綺麗ですが、雌は雌で素朴な可愛さがありますね。ちらついてる雪が素朴感を増加させている要因になっているのかも。

 

実はジョウビタキは雄と雌でどちらも根強いファンがいる人気の高い鳥だったりします。ちなみに僕はどちらも捨てがたいですが雌派です。

スズメ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621165119j:plain

さすがにこれを知らない人はいない。普通に生活してても普段からよく見かける鳥です。カラスやトビと同じくらいみんなよく知ってる鳥ですね。どうやら近年ではスズメの数が減っているという話があります。

シロハラホオジロ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621165141j:plain

キマユホオジロ同様にほぼ離島限定種です。崖の斜面に出てきてくれましたが、なかなかピントが合ってくれずに苦労しました。やはりカメラの性能は高いに越したことはないですね。

 

普通のホオジロと最初は迷うかもしれませんが、顔の模様ががっつり違っています。簡単なのでここで見わけましょう。

クロジ 宮崎県にて

f:id:haru_hobby:20170621165203j:plain

クロジです。シックな色合いをした美しい野鳥です。カラフルな鳥よりもこちらの方がなんだか通好みかもしれませんね。

 

このクロジですが、実は九州南部ではあまり見かけません。本州の方だと冬になれば普通に見られるみたいで、ずっと羨ましいと思ってました。結局宮崎でまじまじ見れたのでいいんですけども。

マヒワ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621165212j:plain

マヒワです。コイツも平島でたくさん見かけました。タイミング次第で公園や大学内でも群れていたので、根気よく探せば意外とすぐに見つかるかも。

 

カワラヒワよりもさらに明るい黄色をしていますね。個人的にはマヒワの黄色は大好きなので、出会えるとしばらく嬉しくなれる鳥の一つです。

シロハラクイナ 沖縄県にて

f:id:haru_hobby:20170621165226j:plain

クイナという鳥の仲間です。どっかで聞いたことありますか?そう、ヤンバルクイナのクイナです。あ、ヤンバルは地名ですね。

 

かなり警戒心が強くて人を見かけると走って逃げます。石垣島では何度も逃げられましたが奴らはなんで飛んで逃げないのか...。

 

もしかしたらヤンバルクイナみたいに飛べないとは言わないまでも、クイナの仲間自体あまり飛ばない性質があるのかもしれませんが。

リュウキュウツバメ 沖縄県にて

f:id:haru_hobby:20170621165234j:plain

石垣島にて撮影しました。やや南方系に生息するツバメです。木の枝の周りをぐるぐると回りながら飛んでいました。色合い的に幼鳥なのかもしれません。

セッカ 沖縄県にて

f:id:haru_hobby:20170621165246j:plain

こちらも石垣島にて。夏場になるとたまにヒッヒッヒッという声が聞こえてくることがあるかもしれませんが、その声の主はコイツです。上昇しながらそんな声を出します。

 

リュウキュウヨシゴイを探しながら歩いていたら目の前に現れました。ていうか目が合ってしまいました。...こっち見んな。

ムナグロ 佐賀県にて

f:id:haru_hobby:20170621165257j:plain

佐賀県の南側有明海に面した干潟、通称大樹がらみで撮影しました。日本有数のシギチの観察地で、渡りの時期には本当にたくさんのシギチがいます。野鳥好きなら一度は行くべき場所だと思います。

 

そういう場所なので、本当はこの写真の外側に他にもたくさん鳥がいました。でもなぜかこいつだけ少し離れた位置にいたんですよね。

スズメ 鹿児島県にて

f:id:haru_hobby:20170621165317j:plain

ヒマワリとの絡みで撮影です。夏場は鳥がどっと減ってしまう鹿児島では、スズメだって見れるだけありがたいです。山まで鳥を探しに行けばいるのかもしれませんが、暑くて遠出したくないので。

アオバズク 沖縄県にて

f:id:haru_hobby:20170621165408j:plain

石垣島にて撮影です。ていうか僕は沖縄本島で野鳥を撮ったことがないので今回の沖縄県って書いてある写真は全て石垣島での撮影ですね。

 

目がくりくりしていてとても可愛かったです。やはりフクロウは可愛い。都会に遊びに行ったらフクロウカフェにぜひ行きたいです。

まとめ 

本当は年賀状を作って公開しようとしていたのですが使っていたソフトの調子が悪くなって断念することになりました。もしよかったらどなたか僕の写真を使って年賀状っぽいものを作ってみてくださいw。

 

それと言い訳になりますがブログに画像を投稿するとピントが合ってないように見える写真が多い気がします。

 

元の写真をアプリで開くとそんなことないのですが...おかしいなあ。圧縮がかかりすぎているんでしょうかね?とにかくこれで今回の記事を終わりたいと思います。

 

では今年も良い一年でありますように。