はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

ストロボを使ったポートレート撮影をする人はイルコの動画を絶対に見るべき

スポンサードリンク

f:id:haru_hobby:20170621214620j:plain

 写真趣味の皆さんこんにちは。皆さんの好きな被写体はなんですか?風景ですか?動物ですか?それとも人ですか?

 

今回は人を撮影するポートレートについての話です。写真撮影の中でも特に人物撮影、ポートレート撮影が好きだって人は多いんじゃないかなと思います。

 

僕もたまに撮影するんですがめちゃくちゃ難しい。楽しいんですけどね。でもそれ以上に本当に難しい。なんせ必要とされる技術がとっても多いんです。

 

例えば撮影したいモチーフの場所の選定力やモデル選び、ライティングやカメラの設定などの機材を扱う力、モデルとのコミュニケーション能力などなど。

 

野鳥撮影もたいがい難しいと言われたりするんですが、少なくとも僕は自分でよく撮影している野鳥の撮影なんかよりもよっぽどポートレート撮影の方が難しいと思っています。

 

特に撮影中のモデルとのコミュニケーションとかすごく難しいと感じます。写真の設定とか考えながらモデルとの会話を考えるなんてポートレートカメラマンはすごいなあっていつも思ってます。

 

僕はそのあたりが苦手なので...。その点では野鳥撮影は楽ですね。鳥と会話なんてしませんから。

写真家イルコ・アレクサンドロフ

さて、皆さんはイルコ・アレクサンドロフという写真家をご存知ですか?ストロボを使ったポートレートで有名な方です。ちなみにアルファベットではIlko Allexandroffと書きます。こんな写真を撮る方です:Portfolio - Ilko Allexandroff Photography

 

日中の写真もストロボを使われるそうなんですがストロボの使い方がわかりやすいのはやっぱり夜の写真ですね。撮影者が意図して作ったわけではない光のみの背景とストロボを使った手前側のモデルの写真が目立ちます。

 

どんな設定で撮影をしているか写真を見ただけでは全く分かりませんが実はこの方youtubeに撮影方法に関する動画をいくつも投稿しています。しかも説明がわかりやすいのでおすすめです。

ぜひ見ておきたいイルコのおすすめ動画

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

他にもどんどん更新中です。最近は特に更新が多いようなので楽しみですね!

 参考になる点

動画からではトーク技術を学ぶことはできませんが設定面や機材面での話は参考になります。

 

例えばストロボの光の強さやカメラ側のISO、SSの設定、どんなカメラやレンズを使っているかとか。やっぱり写真を再現しようと思うと設定や機材は気になりますもんね。僕もそういう話大好きです。ずっとしてると飽きますけどね。

 

そして写真を再現しようと思うなら本当に大事な部分は機材や設定の部分ではありません。いや設定は...ある程度は大事ですがそれでも定番の設定的なものはあるので。イルコさんの撮影もカメラ側の設定は別に特別ってわけではありません。

 

何が言いたいかって言うとイルコさんの動画で本当に参考になるのは機材面の話ではなく光に関する話だということです。

 

例えばよくイルコさんは自販機を見たら大きなソフトボックスだと思えと動画内で言います。ほかにも逆行はポートレートでは友達だという話もありました。

 

他にもいろいろあるんですが、光に関する話がとっても多いです。光の魔術師というだけはあります。本当に。

 

実際ポートレート撮影で光のコントロールがここまでできている人って滅多にいないんですよね。そんな人が解説的な動画を出してくれているなら見ないわけにはいきません。

 

これを再現とは言いませんけど動画を見て実践して...イルコさんの半分くらいでも光に関する力を身に付けられたら撮影できる写真が一気に変わると思うんですよね。きっとSNSでもいいねが大量に取れます

 

とにかく機材や設定の話も参考になりますし真似をすれば綺麗な写真が撮れるのでしょう。ですが上達のために参考にするべきなのは動画内で出てくる光に関する話だと個人的には思います。よかったらそのあたりに注目して動画を見てみてください。きっと得られるものがあると思います!!

注意点

さてちょっと注意です。カメラ機材とストロボだけではイルコさんの真似はできません。動画でも言っていると思いますがこんな撮影をするにはオフカメラストロボが必要なんです。

 

そのためにはワイヤレス機能のあるストロボを使うかcuctusのようなワイヤレスライティングトランシーバーが必要です。

 

値段の安いyongnuoのラジオスレーブでも良いですがこの商品は技適を通していないので日本国内で使用すると違法になります。

 

そんなことを言い出せば外国人観光客の使っているスマホだって通っていないものがたくさんあるんですけどね。販売しているamazonが堂々と販売しているあたり黙認されている感じだと思いますが、もし何か問題を起こせば反論の余地は無いでしょう。

 

とにかく暗黙の了解的な感じで使うだけで処罰を受けたりすることは多分無いと思いますが、できればcuctusのように技適を通した商品を使いたいところです。ちなみに僕はyongnuoのラジオスレーブをビクビクしながら使っています。お金があればcuctusを買うんですが今のところ優先順位は低いですね。

まとめ

僕もこんな写真を撮影してみたいと思って挑戦してみたのですがなかなかうまく撮影できません。ですが動画を参考にするといい感じに写真を撮影することができました。

 

ポートレート撮影、特に夜の撮影をする方は見て損はないと思うのでぜひ見てください。モデルとのコミュニケーションは実践して上達させるしかありませんが撮影の方法に関する内容なら動画でも十分な効果はありますので。