はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

RAW現像を覚えてからマメになったこと・雑になったこと

f:id:haru_hobby:20170621215621j:plain

 RAW現像の話です。皆さんはRAW現像をしていますか?

 

フィルム時代はできなかったから邪道だ、とかRAW現像は何でもできるから写真が下手になりそうなんていう人もいるかと思います。

 

ですがその考えは間違いです。実は現像時に明るさなどのパラメーターをいじったりするのはフィルム時代でも行われてきました。

 

そりゃ今みたいにパソコンでちょこっといじるだけで綺麗に仕上げるなんてことはできません。しかしできることはできるんです。

 

結局デジタルの現像とフィルムの現像は作業の難しさが違うだけです。なので個人的にはRAW現像を毛嫌いして無加工を美徳とする人には同意できないわけです。

 

そしてRAW現像を覚えると写真が下手になるという話ですがもってのほかです。むしろ基本を大事にするようになります。

RAW現像を覚えてマメになったこと

上で少し触れましたがざっくりいうと基本を大事にするようになります。

 

ここでいう基本というのは手ぶれやピンボケ、構図、水平などですね。

 

共通点はRAW現像では修正できない部分ということです。いくら画素のパラメーターをいじれるといってもピントが合っていない部分を修正するのは現時点のRAW現像ではできないわけです。手ぶれも同様です。

 

まあ、最近はピント位置が修正できるカメラとかcanonのデュアルピクセルロウとかいろいろ出てきてますから将来的にはこの辺りも修正できるようになるんでしょうかね?

 

構図や水平はトリミングで対応できることかもしれませんが、アップで撮りすぎていたりすると対応は利きづらくなりますし、トリミングをすると思わぬ失敗が出てくるかもしれません。半端な位置に枝が入ってきたりとか。

 

こんなことを起こさないようにするためにはカメラのフォーカスポイントをしっかり意識するようになったり、ぶれないように構え方をきちんとしたり、構図についても勉強するようになります。

RAW現像を覚えて雑になったこと

露出に関しては明らかに雑になった気がします。RAW現像で修正しやすい部分なので。

 

ちょっと明るさが足りないくらいならカメラの設定で明るくするのではなくRAW現像に頼るようになりましたね。

 

設定で明るくして手ぶれや被写体ぶれしてしまうくらいなら暗いほうがマシだと思うようになったのでしょう。確かに失敗するくらいなら後で直したほうがよっぽどマシですからね。

 

露光量とマスク補正を使えば多少暗い環境+一部逆光くらいなら何とかできるようになりました。


シチュエーションを選ばなくなっただけで写真が下手になったわけではないと思うんですがどうなんでしょうね。

まとめ

基本を大事にして後から修正できる部分をおろそかにするようになった感じですね。

 

露出をカメラ内で決め切りたいって人はそれでいいと思いますが、実際問題カメラのセンサーの性能との兼ね合いもありますからね。明るい設定にすればその分だけ失敗のリスクもあるわけです。ブレとかノイズとか。

 

で特に僕の使っている7dあたりはセンサーの性能もそこまで良くないし古いカメラなのでどうしても限界があるわけです。

 

そんなポンコツで無理するよりもRAW現像で露光量を上げてノイズ処理をしてしまったほうが綺麗な写真ができると思うんですよね。

 

こんな感じで終わりたいと思います。