読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

大学生のぼくが写真展を開催しようと思った4つの理由

写真展
記事を書いた人:はる あとで読む

f:id:haru_hobby:20161129082944j:plain

 

以前も書きましたが、僕は来年の春に野鳥写真だけの写真展をやります。僕の写真だけでやります。

 

いわゆる個展というやつですね。

 

で、なんで一人で写真展なんてするのか。

 

今回はその理由について書いていこうと思います。

写真展を見て鳥に興味を持ってくれる人が増えてほしかったから

5c9bf82cadda2033606e2dd10373a07b_s

 ぼくが趣味にしているバードウォッチングってすごくマイナーな趣味なんです。写真とかバンドとかに比べたらもうめちゃくちゃマイナー。

 

趣味人口も少ないですし特に若い人の割合が少ないんですね。

 

そんな趣味のために観光もせずに石垣島まで行ってきたなんて話を

したら笑われます。実際笑われました。

 

 それはそれでいいんですけどね。僕は周りに何を言われても楽しめてますし。

 

 

でも、自分がやってる趣味がマイナーってなんだかちょっと嫌なんですよね。もう少し若い人の趣味人口が増えてほしいなあって。

 

 

もちろんマイナーな趣味にはまっててそういう良いものを分かってる自分が好きって人もいると思うんですけど、僕はそのあたりはどっちでもいいと思っているので。

 

で、なんでバードウォッチングをやる人が増えてほしいかっていうと趣味人口が増えてくれば自分と気が合って、趣味も合う人が一人でも増えるかもしれないからです。

 

趣味仲間でも気が合う合わないってあるじゃないですか。

 

僕は趣味仲間がほしいタイプなので多少気が合わなくても仲良くしようとするんですけど、どうせならすごく気の合う人と趣味を楽しみたいんですよ。

 

趣味をやってる母数が増えればそれだけ可能性も増えますからね。

 

なので僕は野鳥やバードウォッチングに興味を持ってくれる人が増えることを願って写真展を開きます。

自分の写真を見てほしかったから

86a408c00fe069ba53bb9c0cd85fa904_s

 

自己顕示欲ですね。僕は人に写真を見てほしいタイプなので。

 

あわよくば褒めてほしい。

 

ぶっちゃけ、写真を撮影する理由って記録を残すか写真を見せて人に褒めてほしいっていう2通りの理由があると思うんです。

 

バードウォッチングと写真を両方やる人で言えば割合は半々くらいなんですけど、ぼくは人に見せたい側ですね。褒めてもらうの大好きですし。

 

でもこれ、趣味を上達させるうえでもとっても大事なことですよね。周りに褒められるから頑張ろうと思うし、上達もすると思うんですよ。そのモチベーションを自分で保ちに行くのは悪いことじゃないですよね?

 

貶されたり馬鹿にされたら伸びるものも伸びませんし。

自分の写真を見直したかったから

「野外でブログを更新中野外でブログを更新中」のフリー写真素材

 

写真やってる人にはよくあることだと思うんですけど、写真って撮影してすぐに見直すと思い出補正もあってか普通の写真でもよく見えてしまうんです。

 

それを見直して本当に良いものかもう一度自分で考え直すのが一つ。

 

もう一つは今回の写真展を一つの作品として見てみたいということがあります。

 

どういうことかというと何枚かの写真を組み合わせて一つの作品とする組み写真という形態があるのですが、それと同じように写真展に出している写真全部で一つの作品として見てみたい、ということです。

 

もっと言えば作品になりうるのかを見てみたい。

 

昔は一枚だけの写真が好きだったのですが、ある時を境に組み写真が好きになりました。

 

理由は単写真であればラッキーパンチで良いものができてしまう可能性があるからです。

 

しかし、たくさんの写真を使って良い作品を作ろうと思うとメッセージ性や他の写真との釣り合いなどいろいろな要素を考えなければなりません。

 

ただのラッキーで良い作品は出来上がらないのです。

 

どんな写真でもこの方向で行きたいと考えています。もちろん鳥の写真でも同じです。

 

もし今回の写真展で自分の思ったように作品作りができていれば僕の写真スタイルはこのままで良いと思えますし、もしなにか違っていると思えば方向性を変えるきっかけにもなります。

 

ある意味ではこの写真展も僕の写真という趣味の通過点なのかもしれません。

 

改めて今まで自分が撮りためた写真を見て本当に良かった写真や今後にも生かせるような写真かを見直す作業をすること、これが三番目の理由です。

大学卒業という節目になにか大きなことをやってみたかったから

d99d1d183da9229067e7782b52cf6acb_s

 

最後です。ぼくは今年度で大学を卒業します。

 

ですが、自分一人で何かをやりきったという経験をまだしていないと考えています。

 

ありがたいことに何かをするときには誰かが必ずサポートしてくれました。

 

ですが誰かが助けてくれた、自分一人だけで何かをしていない、ということは自分だけでどれくらいのことができるのかということをしっかりと見れていなかったことです。

 

だから最後に自分一人でできることを考え直してみたい、そう思って写真展を開こうとも思っています。

 

それで失敗すればまだまだ自分は甘いと実感することができるし、成功すれば自分に自信をつけることもできる。

 

どちらに転んでも悪いことは無いのです。やってみればきっと何かしらをつかむことができます。


 

 

以上、ぼくが写真展をしようと思った4つの理由でした。案外くだらないでしょうか。

  

ですが、ぼくは自分が頑張るのには十分な理由だと考えています。

 

きっと何かを掴むことができると信じていますので、よかったら応援してくださいw

 

それと興味のある方はぜひぜひ写真展を見にいらっしゃってください。2017年の3月に鹿児島市にて開催予定です。