はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

富士フィルムからの中判カメラ登場でお株を奪われたpentaxの魅力をまとめてみた

f:id:haru_hobby:20170621214532j:plain

 富士フィルムから中判カメラが発表されましたね。いままで国内メーカーだと唯一pentax(現在はリコー)がデジタルの中判カメラを出していて市場を独占できる状態だったのですがとうとう追いつかれてしまいましたね。

 

厳密に言えば、pentaxは一眼レフの中判、富士フィルムはミラーレスの中判ですので完全に同じというわけではありませんが、ユーザーから見れば選択肢が少ない以上大きな差ではないのです。

 

pentaxって発想が面白いカメラを出すのですが、どうも一眼レフの分野だとニコンcanonに遅れをとり気味になっていますね。

 

オートフォーカスが遅かったり、純正レンズの種類が少なかったり。ここ数年サードパーティのレンズメーカーもpentax用のレンズは製造しなくなっています。

 

そういう意味ではレンズの選択肢はニコンcanonの三分の一以下しかありません。

 

レンズ交換が魅力の一眼レフでは大きな痛手になってしまいます。

 

と、悪い所が目立つpentaxのカメラですがもちろん魅力的な部分もあります。実は僕はcanonに鞍替えする前はpentaxのk-5を使っていました。

 

pentaxには思い入れがあるのです。なので今回はpentaxの魅力を紹介していきたいと思います。

 

ちなみに序盤で悪い所を説明したのは、pentaxの欠点を認めずに良い所だけを紹介するのはフェアではないと感じたからです。では始めましょう。

防塵防滴性能の高さ

pentaxの一眼レフはエントリー機種から防塵防滴構造を採用しています。

 

他のメーカーでは上位機種にしか採用されていない機能をエントリー機種から採用してくるのはポイント高いですよね。

 

しかも、防塵防滴の性能が非常に高いのです。

 

この動画を見てください。

 


PENTAX DUST AND WEATHER SEALING IN AFGHANISTAN

 砂かけてます...。

 

この動画ではpentaxのk-5という当時の上位機種を使用しているので下位機種でここまでの防塵防滴性能があるかは不明ですが、少なくともpentaxの防塵防滴性能のすばらしさはわかってもらえたと思います。

 

ただし、注意が必要なのは防塵防滴はあくまでボディとレンズ両方に搭載されて機能するということです。

 

ボディに最強クラスの防塵防滴性能を与えてもレンズにその機能がなければそこから浸水したり、塵が入ったりします。注意しましょう。

ボディ内手ぶれ補正

現在レンズ交換式カメラでボディ内手振れ補正が搭載されているカメラを販売しているのは、Ricoh(pentax)、sonyolympusの3メーカーのみです。

 

その中でも一眼レフカメラのボディ内に手振れ補正が入っているカメラはpentaxだけなんです。

 

sonyも一眼レフのような形でボディ内手振れ補正が入っているカメラを販売していましたが、厳密にいうと一眼レフカメラではないようです。メーカー側も一眼カメラと表記していますし。

 

一眼レフでボディ内手振れ補正って案外ありがたい機能で、僕は昔オールドレンズの母艦として使っていました。

 

どうしても安い予算で野鳥撮影をするために、昔の超望遠レンズをアダプター経由でpentaxのカメラにつけていたんです。

 

電子接点の無いアダプターを使っていたので、カメラ側は何の情報も無いにもかかわらず手振れ補正はしっかり働くんです。

 

マニュアルフォーカスしか使えないためもう手放してしまいましたが使っていた当時としては本当にありがたい機能でした。

ローパスセレクタ

ローパスフィルターってご存知ですか?

 

センサーの前面に取り付けられている層で、実際に存在しないモアレや偽色が出るのを防止するための機能なのです。

 

ただし、モアレや偽色が出るのを防ぐのと引き換えに撮影できる写真の解像感を少し下げているというデメリットがあります。

 

ほとんどのカメラにはついているのですが、このローパスフィルターをはずして少しでも解像感を上げようとした機種も一部存在します。

 

通常、製造の段階でつけてしまえばもう取り外すことはできないのですが、pentaxはこのローパスフィルターのオンオフを可能にした機種を販売しています。

 

なんでも手振れ補正の機能を応用したようですが、素晴らしい技術力ですね。

アストロトレーサー

これもpentaxの独自技術です。

 

ricohによると

対応機種に装着すると、カメラ本体に内蔵した手ぶれ補正機構“SR(Shake Reduction)”と連動して簡易的な天体追尾撮影が行なえる“アストロトレーサー”を搭載しています。GPS情報から取得した緯度で天体の動きを算出し、内蔵している磁気センサーおよび加速度センサーから得られたカメラの状態(左右および上下の傾きと方位)によって、イメージセンサーを天体の動きに同調して移動させることで、長時間露光しても星が流れることなく、点像のままで撮影することができます。

ricoh HPより

だそうです。

 

ようするに手ぶれ補正を応用した簡易赤道偽機能のようですが、pentaxの手振れ補正は応用の幅が広すぎますね。

 

こう見ていくとpentaxのカメラはボディ内手ぶれ補正を利用した機能が多いですね。pentaxの技術の要になっているのかもしれません。すばらしい技術です。

 

いつの日かpentaxニコンcanonの勢いを巻き返す日がくると信じています。

 

 

 

 

、、、いや、やっぱ来ないかなあ。