はるの趣味日記

野鳥撮影系大学生の雑記ブログ

僕が使ってる鳥撮り用雲台のマンフロット MVH500AHをレビューします

f:id:haru_hobby:20170621142304j:plain

 引用:プロフルード ビデオ雲台 60mm フラットベース

どうも。基本的に手持ちで野鳥撮影をしている僕ですが、たまに三脚を持ち出すこともあります。本当にたまにですが。

 

で、僕が使用している三脚なのですがベルボンのCARMAGNE630という古い三脚にマンフロットのMVH500AHという雲台を使っています。

 

三脚は古いですがけっこうがっしりしたやつでたしかヤフオクで7000円くらいで購入した記憶があります。安い分ぼろかったですが三脚はとりあえず固定がしっかりできればいいので気にしたら負けでしょう。

 

むしろ外観を気にせずに選ぶべき要素をきちんと選んだ自分すごいとすら思ってます!

 

 ...ごめんなさい。安かっただけです。

 

で、三脚の話は置いておいて今回のメインはマンフロットのMVH500AHの方です。

 

野鳥撮影をやっている人にはおそらく入門向けでコスパの良い雲台として有名だと思います。実際野鳥用にまともに使える雲台を探すとこれ以上だとやれgitzoだのtheハトラーだの海外の高級メーカーが顔を出してくるんですよね。

 

そんな高い金雲台に出せるかっつーの!!!

 

そんな皆さんの声が聞こえてくるのが感じ取れます。はい。

 

で、入門用の野鳥撮影用雲台として素晴らしい役目を果たしているMVH500AHもネットで検索すると実はあんまりレビューって出てこないんですよね。

 

野鳥撮影する人はそんな安物を使わない金持ちばかりなのかはわかりませんが、そういうわけで今回はコイツのレビューをしていこうと思います。

 

...とは言え基本的に手持ち撮影なのであまりこの雲台の出動頻度は高くありません。そういうわけで使い込んだ上でのレビューではないということを覚えておいてほしいなぁと思います。

MVH500AHのスペック

重量 900 g
コレクション/シリーズ 500
素材 アルミ
最大耐荷重 5 kg
カウンターバランス 2.4 kg
ティルトドラッグ フルード固定
パンドラッグ フルード固定
プレートタイプ 500PLONG
ベースタイプ フラットベース
Center of gravity 55 mm
フロントティルト -70° / +90°
バブル水準器(no.) 1
Accessory Compatibility 500HLV, 560BALLSH
最上部アタッチメント 1/4″ ネジ, 3/8″ ネジ
ベース側直径 60 mm
Certifications None
カラー
Easy Link はい
雲台タイプ ビデオフルード雲台
最高使用温度 60 C
最低使用温度 -20 C
Pan Bar Included はい
パン回転角度 360
クイックリリース はい
可動高 10.5 cm

引用:プロフルード ビデオ雲台 60mm フラットベース

 

というわけでスペックはこんな感じ。ぶっちゃけ重量はそこそこ重いのであんまし軽い三脚につけるのはお勧めしません。

 

600番台のcarmagneだとちょっと三脚が軽すぎるかなっていう印象を受けました。同じサイズのアルミの雲台ならちょうどバランスがとれるんじゃないかと思います。

 

全体的な重量は重くなりますが、頭でっかちな三脚ほど使いづらいものは無いと思うので三脚のサイズによってはこの雲台を諦めるか、安くて大きいアルミの三脚を別で用意するかのどちらかですね。

 

後はビデオ雲台なので雲台を直感的に操作して被写体をファインダー内部に入れることが可能です。

 

野鳥撮影にビデオ雲台は最近の流行りですが、自由雲台や3way雲台よりはよっぽど使いやすいと思うのでこれがベストでしょう。ていうかビデオ雲台を求めないならこの雲台を使う必要はありませんしね。

MVH500AHの良いところ

では次にスペックを踏まえたうえでMVH500AHの良いところを挙げていきましょう。

動きがなめらか

入門用のビデオ雲台とはいえパン棒の動きがそこそこ滑らかで使いやすいです。突然かくっと動いたり止まったりすることもありませんでした。

 

そのおかげで扱いやすくファインダーを覗きながら空いた手でパン棒を操作して被写体を追うということも可能です。

 

ただし、動いている被写体を追えるかと言われたらちょっと厳しいかもしれません。個人的にですがあまり速い動きは向いていないと思います。

 

カウンターバランスのせいなのかわかりませんが動かすときにわりと強めの抵抗を感じるので早く動かすにはそこそこ扱いに慣れてからじゃないと無理でしょう。

値段が安い

正直この雲台の最大のメリットはここだと思います。重量級機材を扱える、ビデオ雲台である、作りがまともなどなど野鳥用の撮影機材として満たす部分をちゃんと満たしたうえで1万4千円程度で購入できるこの雲台は野鳥撮影雲台界の希望じゃないでしょうか?

 

ぶっちゃけこれ以上を求めだすと値段が倍近くしてくる世界です。基準を満たしたうえでならおそらくミニマムコスト、でも性能は大丈夫。

 

これだけでもうマンフロットに感謝するべき逸材であることに間違いはないでしょう!!

MVH500AHの悪いところ

いいところを挙げたので次は悪いところを見ていきたいと思います。

操作性が微妙

パン棒を使って動かす際に、雲台の左側についているノブを回して緩めないといけないのですが、いちいち緩めて動かすのが面倒ですね。正直ノブをある程度緩めた状態でも止まってくれればいいのですが...。

 

 対策として僕は基本的にノブを締めずに右手でパン棒を操作、左手でカメラを直接固定してシャッターを切るときはパン棒から右手でシャッターを切っていました。

 

これで何が言いたいかって言うと、常にシャッターに指をかけておくことはできないということです。

 

 もし常にシャッターを切れる状態を望むのなら別売りのレリーズを購入して左手で押しましょう。こうすれば特に不自由することも無いはずです。

重い

上でちょっと書きましたが、やっぱり900gは重いです。もっとも上のクラスのもっとがっちりした雲台はこれ以上に重いのですが、カメラの重量も3kgちょいが限界って言ってる僕にこの重さの機材は満足できません!!もっと軽いのがいい!!

 

ぶっちゃけ僕が三脚を持ち歩かない原因の半分はこれなんですよね...ちなみにもう半分はすぐにカメラを構えることができなくなることだったり。

 


 

悪い所に操作性って書いたんですけど多分僕がこの三脚に慣れてないだけだから大丈夫だと思います。慣れてなくても左手でカメラを固定すれば何とかなるし実はそこまでひどいデメリットではないでしょう。

 

 

むしろそんなデメリットを補って余りある値段というメリット。

 

正直値段が倍していたら絶対にこの雲台を選ばないけどおの値段なら選ぶ価値は絶対にあると思います。

 

あ、ちなみに使用機材は僕が使用しているcanonの7dとtamronの150-600です。合わせてだいたい3kgちょいかな? 

 

このくらいの重量ならカメラの固定に何の問題もありませんでした。見た感じまだ余裕はありそうでしたがこれ以上の重さの機材を載せていないので何とも言えません。

 

もしかしたら動作に違いが出てくるかもしれませんね。

 

マンフロット MVH500AHのレビューはここまでです。自分に合った野鳥撮影機材を選んでくださいね!!